ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Naとは

体内で水分を保持する力のある物質のひとつで
ヌルヌルしたゲル状のかたちで存在する、
1934年に米コロンビア大のカール・マイヤー博士らが発見したヒアルロン酸です。
ムコ多糖類の一種で、
関節機能改善剤として医療分野で用いられてきた成分です。
ヒアルロン酸1グラムに対して約6,000倍の6リットルという驚異的な保水力を持ち、
皮膚の真皮などにある水分保持能力の主役となる成分です。
真皮の主要構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めて支えているのが、
水分をたっぷり含んだヒアルロン酸で、プルプルのクッションのような働きをしています。
肌にプリッとした弾力をもたらし、私たちの身体に大いに貢献しているわけなのですが、
残念ながら年齢とともにヒアルロン酸の生成量は減っていき、乾燥などの原因となります。
製造方法は、ニワトリのトサカなどの動物から得られる天然のものと、
微生物を使い発酵法で得られるバイオのものがあります。
天然のヒアルロン酸 ナトリウムも、バイオヒアルロン酸 ナトリウムも、
白色〜淡黄色の粉末で、わずかに特異臭があります。
ヒアルロン酸は、皮ふ以外にも関節や眼、血管などにも多く含まれていて、

それらのスムーズな働きを担っています。

 

*ミューノアージュ女性用育毛剤の原材料に使われています。(変更あり)