女性ホルモン

女性ホルモンとは

髪の毛は女性ホルモンの影響を受けます。
女性ホルモンのバランスが悪いと女性用育毛剤の効果が落ちます。

 

ホルモンは脳などで作られます。それが血管を通って全身に回ります。
脳からの指令で卵巣で分泌されるホルモンを女性ホルモンといいます。
このことから脳からの指令が大切ということがわかります。
女性ホルモンは2つで、
エストロゲンとプロゲステロンです。
この2つがバランスよく働いている状態が良いです。
この女性ホルモン。一生でどれくらい作られるかというと
びっくり!!約ティースプーン1杯です。

 

エストロゲンの分泌量は、20代後半をピークに、
30代では穏やかに減ってきますが・・
更年期といわれる45歳から55歳には急激に減ります。
この時に髪の毛の変化が現れる人が多いです。

 

女性ホルモンは繊細であり
例えば彼氏がいなくてセックスしていなくても、楽しい人生を送っていれば女性ホルモンは活発に分泌されます。
よって、愛のないセックスでは、女性ホルモンが活発に分泌されることは無いです。

 

1番影響を受けるといわれるのはストレスです。
後は育毛と同じ、睡眠、過度のダイエットなどです。

 

女性ホルモンの現在長にはコレステロールがありますが、
ホルモンやお肉を多く食べたからと言って女性ホルモンが多くできることは無いです。
かえって食べ過ぎで腸を壊して、女性ホルモンに影響が出ることもあります。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに近いといわれますが、
サプリメントなどでホルモンバランスをよくすることは出来ません。

 

<睡眠>
平日と休日の睡眠時間があまりにも違うと、リズムがおかしくなり自律神経の調子が悪化することで、
ホルモンバランスが壊れます。
良い睡眠ライフは多くの事柄に反映します。
よると朝の切り替えスイッチはそこそこ決まった時間に行い夜更かしはしないようにしましょう。
ベッド
睡眠不足が続くと、エストロゲンの分泌量が低下します。
睡眠状態を見つめなおすことは必要です。

 

1番のおすすめはベットについたら簡単なストレッチをやることです。
これで昼間に凝り固まった筋肉をほぐして、血流を上げ、
副交感神経のスイッチを入れることができます。

 

<ストレス>
ストレスによって脳がダメージを受けると女性ホルモンの分泌量に影響が出ます。
現代社会においては、ストレスに侵されているのに、それすらわからないくらいになってきています。
見た目で、髪の毛に影響するのはよくわかります。
また男性ホルモンが通常より多く作られるようになると、
いつもできないフェイスラインや背中にニキビができることもあります。

 

筋肉不足による冷えも女性用ホルモンに影響します。
筋肉の7割は下半身にあります。ここを強化して代謝をアップしましょう。
まずはウォーキングや早歩き、スキップなどは最高。

 

*生理は女性ホルモンのバロメーターになるので、
常にデータを取っておくとよいです。

 

*女性ホルモンの分泌が乱れると
脱毛以外に、肌荒れや、アレルギー症状など様々なところに影響が出ます。

 

女性用育毛剤の効果を下げないためにも女性ホルモンの状態を注視しておきましょう。