アンチエイジングのための運動

アンチエイジングのための運動とは

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。

 

運動では・・
アンチエイジングのためには軽い運動がいいです。
疲労はためないほうがいいですね。
筋肉をつけたいときはしっかり休ませる日を作りましょう。

 

ラジオ体操を朝する人は、少し前に起きて体を動かしておきましょう。

 

足の老化を防ぐのは1分間の片足立ちが1番いいです。

 

歩く場合は15分までは死亡が燃え始めないので30分くらい。
途中早歩きを入れましょう。

 

卓球
楽しみながら運動することは良いです。

 

季節の良いときは、アウトドアライフも楽しみましょう。
無理な計画を行わず、体力に余裕を持たして行いましょう。
登山やダイビングなど、準備が要るものは前もってしっかり備えておきましょう。

 

気功
呼吸を中心にとっても良いものです。
ただし、空腹時、黒色便の出るとき、血痰の出るとき、性生活後、感情が激しているとき、驚いたとき、精神病者は
やめておきましょう。

 

運動をすることによって筋肉も付き、姿勢もよくなって歩き方も変わってきます。
見た目もアンチエイジングの1つです。

 

汗をかくような運動は1日に消費されるエネルギーの20%程度を占める
生活活動代謝といわれ、体を動かしたときに使われるエネルギーの1つです。
これより基礎代謝のほうがエネルギーを使っています。(約70%)

 

基礎代謝を上げる運動はうっすらと汗をかくような早歩き程度で、
週に4回。時間は1回が20分以上といわれています。
なおやるときはだらだらとそうでないのではかなりの差が見た目となって現れます。