キッカケは主人の両親

キッカケは主人の両親

私が自分の薄毛を気にし始めたのは20代の頃。
友達と一緒に遊びに行って、撮った写真を眺めていた時でした。
髪のボリュームが足りないせいか、悪い意味で一人だけ大人に見える私…。
友達と会う時は「みんなボリュームあるな〜。」なんて思ってただけで、特に気にしてなかったんですよね。
だけど写真で自分を客観的に見てしまい、自分が違うことに気付くのでした。

 

それから、私は自分の薄毛を気にするようになりました。
民間療法(ブラシで頭を叩いてみたり)を試してみても、結果はあまり変わらず。
悩んでいると気分も落ち込んできて、ため息ばかりつくようになっていきました。

 

そんな折、主人の実家に行く機会があり、そこで驚くものを目にしました。
それは育毛シャンプー。彼の両親も髪に悩みを持っていて、色々試した結果コレが良かったそうなんです。
育毛剤は使うのに抵抗があったけど、シャンプーなら使い忘れることもないし、いいのかな?
どこなら売っているのか聞いてみたら、是非試してみてと言われ、一本渡されました。
正直あまり期待はしてなかったけど、予想に反して使い勝手も悪くないし、続けられそうでした。
その後、ネット通販で使い続け、一年立つ頃には改善の兆しが見られていました。
この嬉しい結果を彼の両親に伝え、何度もお礼を言いました。
近頃では主人も気になりだしたようで、夫婦で使っています。
彼の両親のように、私たちも末永く一緒に使っていけたらいいな。

 

<女性用育毛剤比較ランキング>