ビタミンと育毛の関係

ビタミンと育毛の関係とは

ビタミンは外からとることができる、細胞の潤滑剤のようなものです。

 

細胞内で酵素の働きを助けます。
酵素は代謝にかかわっていますので、
ビタミン不足による代謝の低下は脱毛につながります。

 

この状態でいくら女性用育毛剤をつけても髪の毛は増えません。

 

ビタミンA
足りない状態が続いてしまうと、皮脂の分泌量が減ってきたり、汗腺の働きが衰えてきます。
このことによって皮膚は硬くなり、潤いのないみずみずしくない肌へと変わっていきます。
髪の毛は乾燥性になり抜けやすい状態に変わっていきます。

 

ビタミンB?
足りない状態が続いてしまうと、皮膚が固くなり、毛孔が広がり、
髪の毛が抜けやすくなります。

 

ビタミンB?
足りない状態が続いてしまうと、皮脂の分泌量が多くなり
脂漏性脱毛の1つの原因となります。

 

ビタミンC
足りない状態が続いてしまうと、アミノ酸の代謝や、コラーゲンの生成、
カルシウムの吸収や、抗酸化作用など様々なものが低下します。