昔の育毛

昔の育毛とは

以前は育毛剤のテレビコマーシャルでも
育毛剤を頭皮に塗ってから頭をたたくのがありました。

 

今でも一部でありますが、
これは刺激というよりも頭皮表面に炎症を起こして、
自然治癒力の時に発毛させようというものでした。

 

頭皮に冷たい液を掛ける治療も同じようなものでした。

 

中国から入ってきた育毛剤に、頭皮を無理にかぶれさせて、
発毛を促進した匂いのくさい育毛剤がありましたね。

 

今では、
2000年に、毛根以外に、発毛を促進させるバジル領域というものが見つかったので、
こちらの対策に重きを置いた育毛剤が出始めています。

 

女性用育毛剤もミューノアージュなどはこの先端の育毛剤です。

 

バジル領域では髪の毛のもとになるものを生成しています。

 

頭皮のマッサージに関しては、
基本やったほうが透け毛になって、明らかに頭皮が弱っているところはしないほうがいいです。
弱っている細胞に最後のとどめをするような感じです。

 

頭皮はきれいなほうが育毛剤が入りやすそうですが、
きれいにしすぎて、頭皮の状態を悪化させるのは良くありません。

 

<女性用育毛剤比較ランキング>