白髪対策の食べ物

白髪対策の食べ物とは

白髪は薄毛と違って、染めれば何とかなります。
ただしやはり20代以降の白髪はちょっと気になりますし。
染めるのも面倒ですよね。

 

ヘアダイで染めると薄毛が加速することもありますし・・
できれば食い止めたいところです。

 

白髪の原因はいろいろあり、
対策もいろいろあって、チャレンジされている方も多いかと思います。

 

ただし、お薬などはまだ怖いですね。

 

そこで白髪対策の1つの方法が食べ物です。
しかも皆さんお正月でよく見る黒豆。

 

黒豆

 

食べ方は自由ですができるだけ毎日とったほうがいいです。

 

アロエを食べて黒くなった人もおられます。
ただし味が・・
しかもあまり売っていないのが難点です。

 

黒ゴマのペーストもよいという話を聴きます。
ゴマは消化が悪いのでなるべく細かくつぶしたほうがいいですね。

 

わかめは、ヨウ素を含みホルモンの活動を活発にするので、
白髪に対しても何らかの影響が考えられます。

 

その他にも抗酸化作用がある食べ物は、
白髪が増えるのを抑えるといわれています。
水素水もよさそうですね。

 

人によって効果は違いますが、
副作用もなく、体によいのでいかがでしょう。試してみる価値はあります。

 

最新の研究では、
色を作り出している毛母メラノサイトの機能低下が指摘されています。
毛母メラノサイトの中にあるチロシンというアミノ酸が、チロシナーゼという酵素の働きによって、
変化を繰り返し、最後に、ユウメラニンというメラニン色素を持つメラニン顆粒を作っています。
よって、酵素のチロシナーゼを活性化し続ければ、白髪になりにくいことが分かってきています。
チロシナーゼは、わずかな銅イオンで活性化されるので、エビ、しゃこ、かき、レバー、ココアなどを取るといいです。
チロシンというアミノ酸は、あじ、たまご、豆腐、チーズなどを取るといいです。
チロシンを合成しているフェニルアラニンは、必須アミノ酸で出来ています。
フェニルアラニンを多く含む食べ物は、魚、肉、レバー、大豆製品、アーモンド、ゴマなどです。

 

やはり白い髪の毛はないほうが若く見えますね。
黒い髪の毛と比べると白い髪の毛のほうが少し太い場合が多く
抜いてもまた白い髪の毛が生える場合が多いです。
癖も強い場合が多いですね。

 

白髪また、食べ物の場合は体に良いからと言ってそれだけ多く食べるのは
かえってマイナスです。バランスよく、たくさんの種類を少しずつ食べるのがいいです
白髪対策のために体を壊していたら意味がありません。

 

結局、食べることによって、メラノサイトが元気になり活動を始めるか、なのです。
メラノサイトが黒色のメラニンを出すことによって白髪が改善されます。
*メラノサイトは黒以外に茶色とかいろいろな色を作るものがあります。
黒や茶色はユーメラニン
赤はフェオメラニン

 

作るか作らないかの2者選択なので、もうちょっとで作るという時点が見えないのでむずかしいのですが、

 

「最近白髪が増えなくなってきたかな」という時点が、
効果が出そうかなという時期なのでしょう。

 

食べ物で体内から白髪対策しながら外からは、
【抜け毛】【白髪】【育毛】のケアがこれ1本で出来るシャンプーが購入できます。
いつまでも若々しくいたいですよね。

 

女性用育毛剤も忘れずつけるようになるでしょう。