タンパク質の代謝

タンパク質の代謝とは

髪の毛にはタンパク質から作り出される、アミノ酸などが必要です。

 

食べたタンパク質は、胃の中の胃液にある消化酵素ペプチンで分解されます。

 

分解されると、ポリペプチドになり、十二指腸の膵液に含まれるたんぱく質分解酵素によって、
アミノ酸などに分解され小腸で吸収されます。
小腸で消化されたアミノ酸は、ジペプチド(2つのアミノ酸が1つのペプチド結合で結合した分子)やトリペプチド(アミノ酸3個がペプチド結合で繋がったもの)の状態で、小腸の粘膜上皮細胞によって吸収されます。
その後、血液に入り、門脈から肝臓へと送られます。

 

 

 

肝臓に入ったアミノ酸は、エネルギー源、生体の構成成分、特定の酵素やホルモンなどの構成成分などに使われます。
また、グルコース(糖質)や脂質(脂肪酸など)に変えられて、使われる場合もあります。

 

吸収されたアミノ酸は、肝臓に行って、血液に入って、血管をとおって、髪の毛の材料にもなります。