髪の毛の成分

髪の毛の成分とは

髪の毛を詳しく分析すると体内のいらないものも一緒に運んでくるので
さまざまな成分が混じっていますが・・

 

主な成分はたんぱく質であって、
体を守ろうとする爪や髪の毛は、ケラチンと言うたんぱく質で出来ています。
たんぱく質が占める割合は約99%です。
硫黄など変わった成分も入っています。

 

髪の毛

 

髪の毛は柔らかいので、軟ケラチンと呼ばれています。
なお、髪の毛は殆どこのケラチンで出来ていますが外側のウロコのようなケラチンもあれば、
中のほうには繊維状のケラチンもあります。

 

髪の毛の構造

 

またこれらをくっるけるマトリックスと呼ばれる間充物質もあります。
マトリックスは殆どが、C-ケラチンですが、それ以外にアミノ酸が含まれます。

 

細いですが色々なもので出来ているのですね。

 

なお、有害な金属なども多く含まれる場合があります。
この能力は、肝臓や腎臓よりも大きいとされています。
この原理は、髪の毛の成分のシステインと金属が結び付きやすいという説が大きいです。