シャンプー

シャンプーとは

最近はノンシリコンシャンプーなどがはやっていますが・・

 

シャンプーの目的は汚れを落とすことです。

 

体を洗う石鹸も同じですね。
石鹸の研究も以前から盛んですが・・
汚れは落としたいが・・
皮脂まで落とすと、肌がかさかさに

 

シャンプーも同じです。

 

それで洗浄力の弱い、アミノ酸系シャンプーがはやっています。
また弱酸性の皮膚にやさしいものもありますね。

 

アミノ酸系シャンプー アミノ酸系シャンプー

 

ただし多量に使ったり、長時間洗うと
結局、皮脂が取れすぎます。

 

乾燥肌は皮脂の分泌が少なく、毎日ごしごし洗うと、
角質細胞をつないでいる細胞間脂質のセラミドが減ることによって
角質層の水分も減り、フケが出たり、炎症を起こしたり、
敏感肌がより一層ひどくなり、良い髪の毛が育つ頭皮環境から離れていきます。

 

爪を立てて洗うのは頭皮が傷つくので良くないことは多くの人が知っていますが、
指の腹でも力を入れすぎると、せっかく生え出した細い髪の毛が抜けていることがあるので注意しましょう。

 

お湯の温度は厚い方が気持ちが良いという方も多いですが
ぬるめのほうが良いです。
髪の毛のたんぱく質が流れ出します。
ヘアカラーでばさばさの人は特に温度が低い方が良いです。

 

お湯だけでも十分に汚れは落とせますので、
少量のシャンプーで、短時間で洗うようにしましょう。
なおそのあとはしっかり流してください。

 

特に朝シャンの人は時間に追われて、流しが甘く、シャンプー剤が残っている人が多いので
しっかり流すようにしましょう。

 

リンスやトリートメントは必要におおじて使ってくださって結構ですが・・
地肌には付けないようにしてください。
毛穴が詰まるのと、髪に吸着させるための活性剤が、頭皮にはよくありません。

 

なおシャンプーで髪は生えません。
育毛シャンプーの役目は頭皮を健やかに清潔に保つことです。
効果・効能を見れば、髪が生えるなんてひと言も書いていないでしょう。

 

安いシャンプーは、石油合成系の界面活性剤と言うものを含んでいます。
これはしっかり流したつもりでも、微量に残った薬剤が頭皮に浸透して悪影響を起こすことがあります。
安いシャンプーでも石鹸系のシャンプーなら、成分が違うので良いのですが、
髪の毛がバサバサされる方も少なくありません。

 

 

 

最近よく聞くスカルプシャンプーというのは、
スカルプというのは、頭皮という意味で、頭皮のためのシャンプーという意味で、
石油合成系の活性剤よりも、自然の素材を使ったものが多いです。
ただし購入時に確認したほうがいいです。
安いに越したことないですが、あまり安いと、天然素材を少しだけ入れて、
アミノ酸系シャンプーなどと言っているものもあります。

 

 

シャンプーをした後は速やかに乾かしましょう。
髪の中い人はタオルで水分を吸収刺してから、出来るだけワット数の大きなドライヤーで乾かします。
これはワット数が少ないと風よりも熱で乾かしている感じで、髪や頭皮を傷めるからです。

 

長時間濡れていると細菌の繁殖の元にもなりますし、
何よりも髪が自然乾燥するときは乾燥時に水分が熱とともに上昇するので、
頭皮が冷えていきます。
頭皮が冷えると血行の流れが悪くなって育毛にはよくありません。

 

シャンプーは汚れを落としつつ、適度な皮脂と常在菌を取り除くのが理想です。
汚れが取れないのは困るし
皮脂がなくなったらカサカサになるし
常在菌がいなくなったら、皮脂が分解されなくなります。
*頭皮と髪の毛に必要な皮脂膜は、皮脂が分解されて汗と混ざったものです。
*毎日きれいに洗いすぎて油分を取ってしまうと、皮膚が酸性に維持できなくなり、
常在菌の中でも悪玉菌が繁殖しやすくなります。
多量の皮脂分泌と悪玉菌の繁殖による悪玉菌の排出物が多くなると頭がにおうようになります。
こうなると脂漏性皮膚炎になる日も近いでしょう。

 

とりあえず1つの家族に何人かいて、1本のシャンプーを共有しているのはおかしいです。
よほど良いものであればいいのですが、1人1人頭皮の状態は違います。

 

皮脂がいっぱい出るべとべとしたような人は、石鹸シャンプーでもいいのですが、
髪の毛にダメージのある人は、石鹸のアルカリ性によって傷むので注意が必要です。
また洗った後で手触りが悪いのは、主成分である脂肪酸カリウムが、
水道水のカルシウムイオンと結合して、石鹸かすになって、髪の毛に付着するためです。

 

そこでこれを解決するのはクエン酸系のリンスです。
クエン酸系のリンスで髪の毛に良い弱酸性領域に戻して、石鹸かすも脂肪酸に変化します。
これによってごわごわした感じがかなり解消されます。

 

湯シャン
シャンプー剤をつけないでお湯だけで洗うことです。
スタイリング剤をつけない人で、薄毛が進行した人にはお勧めしたい方法です。
かなり薄くなった男性でも半年から1年これを続けるとかなり戻ったという人もいます。
ただし、普通はさまざまなセットローションをつける人が多いので、
シャンプー剤をほんの少し使うのがお勧めの方法です。
お湯だけの場合は、髪の毛も頭皮もしっかり洗いましょう。

 

シャンプー剤をつけて泡立てて少し時間をおく、付け置きシャンプー
これは美容院でもすすめているところがあるようですが、
絶対やめてください。頭皮が荒れるだけです。治療にも1年とか2年とかかかります。
私の美容室では、シャンプー剤をつけてから泡立てて流し始めるまでショートで10秒ほどをお勧めしています。
ロングはもう少し時間が必要です。髪が絡んではいけません。

 

朝シャンははげやすい
夜シャンの人は、寝ている間に、副交感神経が傷んでいるところや弱っているところを修復。
朝シャンの人は、交感神経が中心になり、修復をほとんどしません。

 

頭皮はシャンプーを異物とみなすので、
活性酸素が増える原因の1つになっています。

 

シャンプーの語源
ヒンディー語のチャンプー
オイルを使って、頭部のマッサージをして、
血行を良くして、体調を整える。
髪を洗うというより頭を洗うという意味だったのです。