髪や頭皮が傷む原因

髪や頭皮が傷む原因とは

いろいろな原因によって毎日頭皮や髪の毛はいためられています。

 

最近はかなり言われるようになり、まさかと思う人は少なくなったようですが
1位はシャンプーのやりすぎでしょう。
:シャンプー剤にこだわっている人が多いですが、シャンプー剤の目的が汚れを落とすというてんではどれも同じで、
強いシャンプー剤や長時間洗ったり、毎日洗うことにより、脂肪分や、N.M.Fがなくなったりして、乾燥を起こしてしまいます。

 

2位は紫外線でしょう。
:強い日光に当たっていると紫外線によって、髪の中のケラチンが破壊されたり、頭皮が焼けていきます。

 

3位はドライヤーの熱でしょう。
:髪の毛は60度くらいまでなら大丈夫ですが、ドライヤーや、クルクルドライヤーを髪の毛に近づけすぎると、
髪の毛の中のたんぱく質が熱編成してぱさぱさになったり、ドライヘアになって落ち着かない髪になります。
最近はヘアアイロンも流行っているので、160度くらい掛けることがありますので、
髪は悲鳴をあげてますね。

 

4位はパーマやヘアカラーでしょう。
:アルカリ剤や薬品によって髪の毛の成分を解かされたり・・
頭皮も可ならダメージを受けます。

 

5位はブラッシングやコーミングでしょう。
:絡んでいた場合にムリにとかしたり、気持ち良いからといって頭皮をあまりこするのはよくないです。