敏感肌

敏感肌とは

敏感肌は男性より女性の方のほうが多いといわれます。

 

敏感肌になると、育毛剤がしみるなどの事も起きています。

 

これは、皮膚の1番外側の表皮の部分が調子悪くなり
バリア機能が十分に果たせないようになって、

 

しみたりする成分を肌の奥に侵入するのを許してしまったせいです。

 

肌の状態がよくなるとバリア機能も回復して、
しみたりするのも徐々にですが改善されます。

 

ただし、育毛剤を使うときは、
敏感肌でも大丈夫なものを選んでください。

 

肌に刺激がありすぎると赤くなったり、
角質の部分がはがれずにへんに厚みが出ることも考えられます。

 

肌をスキンケアするときは、肌の事を知っている方が良いです。
肌の事を知ってこそ、肌につけるものがどのように効果が出るのかわかります。

 

敏感肌や乾燥肌に栄養を補給して上げたほうが良いです。
肌の潤いのためには、ビタミンAが必須です。

 

血行不良で代謝が悪くなっている場合は、鉄分を取ることも良いようです。
血行不良の原因は運動不足や食生活ですので、
このあたりも合わせてやっていくのがよいでしょう。

 

肌は、3つの層で出来ています。
一番外側から、
表皮、真皮、皮下組織

 

毛細血管は、真皮まであります。
加齢によって、真皮の働きが低下していきます。
乾燥肌は表皮の水分量が少ないです。
表皮と真皮の厚さは通常2ミリくらいです。
頭皮の場合これが薄くなっている人が多いです。

 

敏感肌の方、育毛剤が染みる場合は、頭皮のマッサージは本当に軽くでよいです。
少しでも強いと頭皮を痛めるだけです。
敏感肌の毛根は弱っています。少しずつ良くしていきましょう。