頭皮

頭皮とは

頭皮は頭の上の部分であり、髪の毛が生えています。
見えにくいですが・・同じ皮膚なのです。

 

ほかの体の肌の部分と同じようにターンオーバーがあり
常に生まれ変わっています。

 

頭皮

 

ここで考えてほしいのは、
生まれ変わるには材料もいるのと日数がかかることです。

 

栄養を取ってないとだめだし・・
シャンプーで上を削りすぎると肌の厚みがどんどん薄くなります。

 

またバリア幕もなくなってしまうのです。
注意しましょう。
敏感肌の原因です。

 

色は青白いくらいが一番いいです。
その後白⇒褐色や赤い色に
原因は
頭皮の血行が悪い、乾燥、痛んでいる、皮脂が詰まっているなど
炎症を起こしていることが多いですね。
ストレスや体調不良、肩こりなどでも血行不良を起こします。

 

女性の場合、男性に比べて皮脂の量が少ないので乾燥した頭皮の場合が多いです。
特に皮脂のとりすぎには注意したいですね。
皮脂は、有害物質の体内への侵入を防ぎ、細菌の繁殖を防ぎ
体内の水分蒸発も防いでいます。

 

皮脂の分泌能力の高い人は、しっかりとした髪の毛の人が多いです。
分泌量が多いというのは、頭皮や髪の毛がべとべとした状態という意味ではなく
お湯で洗った時に、毛穴から皮脂がいっぱい出てくる人です。
薄い人には少ないですね。

 

頭皮はもともと全身の皮膚から比べると冷たいです。
よって血流が悪く。
薄毛の人箱の血流が落ちている場合が多いです。
頭を洗った後自然乾燥させると水分が蒸発するときに熱も奪って、
頭がすごく冷たい状態になって、薄毛を引き寄せている場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

皮膚なので傷つきやすく
マッサージは良いですが
ブラッシングなどできつくやると傷つきます。

 

毛穴以外に汗腺もあります。

 

頭皮の断面図

 

頭皮だって3層で出来ています。
表皮の下には真皮があります。
真皮にはコラーゲンやヒアルロン酸があって、肌に弾力がある物です。
これがないと硬いものになってしまいますよね。
顔だと思ってください。
コラーゲンやヒアルロン酸が減少したら、、たるみやしわの原因になりますよね。
しかもそこには毛細血管が来ていて、栄養や酸素が運ばれてきます。
調子が悪い真皮の中では、毛細血管も可哀想で、
劣化が激しそうだと想像がつきますね。

 

顔に高級な洗顔剤を使うのなら、
頭皮も化学薬品がいっぱい入っているような、安いシャンプー剤は考えましょう。

 

頭皮の硬さは堅くて弾力がないより、
柔らかくで弾力があったほうが髪の毛がしっかり生えています。
ただ、硬くて調子悪い時に一気にマッサージするとかえって逆効果のことも多いです。
あまりひどいことをすると毛細血管が切れたりすることもあります。