びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

男性は前の方から薄くなる人が多いですが、
びまん性脱毛は、女性の薄毛の中で最も多い症状です。
20歳以上の成人の女性の脱毛症の原因の40%を占めています。

 

症状
頭の広い範囲に均等に脱毛が起こり、全体の毛が抜けて薄くなります。
その結果、特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。
年齢的に低年齢化しています。20代でも症状が出ている人も見かけます。
20代以上の女性の脱毛症の約40%を占めています。

 

原因
精神や身体に関連したものが関係しています。

 

細胞自体の老化や動脈硬化による循環不全などのため、次第に毛包が消えていきます。
女性といえども、年齢とともにこの傾向が強くなり、
特に60歳を越えると大なり小なり、誰にでもこうした脱毛症状が見られるようです。
最近は年配の方が多いのでこの症状に悩む人は多く、ウイッグが大流行ですね。

 

ストレス

 

極端なダイエット

 

経口避妊薬(ピル)

 

膠原病・感染症・甲状腺などの代謝異常

 

貧血

 

アルコール依存症

 

亜鉛不足

 

 

 

びまん性脱毛症は、比較的治療しやすいといわれます。
ストレスをためず、バランスのよい食事をとることを心がけるなど生活習慣を変えることでよくなる場合が多いとのことです。

 

 

女性用育毛剤や育毛サプリメントが効果的です。