育毛剤の効果的な使い方

育毛剤の効果的な使い方とは

育毛剤を効果的に使うには
まず購入したら、説明書は絶対読むこと。
*1日何回使うのか?どれくらいの量を使うのか?濡れた状態か乾いた状態どちらに使うのか?など

 

説明書の通り3ヶ月使ってみること。
*髪の毛はすぐには生えるものではありませんので3か月から6か月は同じものを使ったほうがいいでしょう。

 

量は多少おおめに使うこと。
*少ないと育毛剤が毛について肝心の頭皮にしみ込む量が極端に少ないことがありますので、薄毛の症状が進んでいるところには多少たっぷりつけましょう。つむじより5センチ以上、下のところは多分髪の毛の量が多いので付ける必要はないかと思います。

 

薄毛の原因が病的な場合はそちらを先に治すこと。
*脂漏性脱毛症や湿疹、精神的なもので脱毛が進行している場合は、皮膚科にいったり、気分転換で旅行や読書などで気分転換をすることをお勧めします。

 

なお食事や睡眠時間、タバコなどすぐに変更したくないものは徐々に変わってくればいいです。
このことがストレスになってもだめですし、
一般に悪いといわれることでも、やっていても髪の毛が多い人はいらっしゃいますからね。

 

1日2回のタイプは、朝・夜の1日2回使用します。
理由は、育毛剤の効果というのは、残念ながら7〜8時間しか持ちません。
*あまり間を開けてしますと、効果は半減どころか、ほとんど無いに等しくなってしまいます。
また2回つけることによって、皮膚のバリアを通って毛根まで浸透して行きます。
*皮膚のバリアはそう簡単に破ることはできません。

 

皮膚の入れ替えが活発になるのは夜10時から午前2時と言われています。
*この時間帯効果を出したいので、夜の9時から10時ごろにできれば育毛剤をつけたいですね。