活性酸素

活性酸素

釘のように
人間の体もさびるといわれます。
この原因は活性酸素。
これについては、抗酸化作用と言って、除去の話がいっぱい出てきます。

 

この活性酸素。ウランじゃないですが以外に強力なのです。
触ったらすぐさびるみたいな。

 

しわが増えた。物忘れが多い。髪が少なくなった。
このような老化現象の原因が、活性酸素にはあります。

 

細胞が活性酸素のやられると・・
細胞膜の脂質が酸化して、栄養と老廃物の出し入れがうまくできなくなるので、
老朽化します。
細胞核の遺伝子が傷つくことで、
細胞が変異したり、死滅することもあります。

 

 

1日500リットル以上の酸素を呼吸から吸収して、
そのうち2%程度が活性酸素になるといわれます。

 

老化の元を何故自ら作るのと思いますが・・
もともとは、菌をやっつけるためです。

 

イソジンといううがい薬も活性酸素いっぱいで出来ています。

 

一応、使われなかった活性酸素を無害化する機能が体にはあるのですが・・
糖のように、許容量以上に活性酸素があると処理しきれなくなります。

 

今の生活を見ると昔になかったものがいっぱいで、
多くを敵としてみなすため、活性酸素を作る量は日に日に増え続けています。
頭皮にとっては、シャンプー剤も、ドライヤーの電磁波も活性酸素を増やす種です。

 

活性酸素で起こる老化を少しでも減らして
女性用育毛剤の効果を上げていきましょう。