育毛のための生活環境

育毛のための生活環境

髪の健康のためには生活環境も大切です。

 

洗っていない枕カバーや布団カバー
部屋のホコリ

 

などは、ニオイや、ダニやカビなどの雑菌

 

これらが髪や頭皮についたり
睡眠を妨げたりします。

 

掃除をすれば気分も明るく。

 

頑張りすぎなくてもいいですが週に1回は掃除しましょう。

 

掃除

 

寝る前にストレスを抱えていると、副交感神経の比率が上がらず
疲れが取れません。これは育毛にはよくないです。
ストレスを取ってから寝れる生活環境を作っていきましょう。

 

脱毛の理由として、7つの原因を上げることができます。

 

1、体質の遺伝
「脱毛」自体は遺伝しません。男性ホルモンが多い、頭の皮脂が多い等
脱毛になる可能性を含んだ体質が遺伝するのです。

 

2、ホルモン
男性型脱毛は、男性ホルモンの働きによって引き起こされるのです。
女性でも更年期やストレスでホルモンバランスが崩れた場合、
女子男性型脱毛になることもありえます。

 

3、血行不良
毛根は、毛細血管という細い血管から酸素や栄養を受け取っています。
タバコやストレス、運動不足などの理由によって血管が収縮すると
毛母細胞へ栄養を届けることができなくなり脱毛を招くのです。

 

4、ストレス
人間の体は一部を除いて、自律神経によってコントロールされています。
ストレスは自律神経のバランスを乱し、体のあらゆるところで影響が出ます。

 

5、食事
加工食品やインスタントは工場などで高温、高圧をかけて調理されています。
その結果、ビタミンやミネラルなどが破壊され、栄養が不足するのです。
また動物性たんぱく質の取り過ぎは活性酸素を多く発生させるので血液の質も低下します。

 

6、生活習慣
特に気にしたいのが運動不足と睡眠不足。運動しなければ細胞の動きは衰え、
髪も生えにくくなってしまうでしょう。
また、起きている時は脳や臓器に血液は多く振り分けられ、睡眠中に皮膚や骨に回るのです。
髪が生えているのは皮膚ですから、睡眠不足が影響するのは当然です。

 

7、シャンプー、パーマ、カラー
石油合成系シャンプーは頭皮も髪も痛めます。微量の液剤が肝臓に達することも・・・。
パーマやカラーは液剤が頭皮などに悪影響な場合があります。

 

これ以外に女性は様々な生活の変化・体調の変化があります。
初潮、受験、学生生活、、就職、結婚、妊娠、出産、更年期、閉経
これに介護なども加わり
抜け毛の原因になっていることも少なくありません。

 

女性用育毛剤を使いつつ、育毛をしてあげましょう。