育毛と血管の関係

育毛と血管の関係とは

脱毛や薄毛は様々な原因によって起きますが・・
最終的に血管が影響しています。

 

髪は血管から栄養を貰って成長しているのです。
多少頭皮の調子が悪くてもしっかり栄養を貰っていれば、髪の毛は伸びます。

 

髪の毛を作っている毛母細胞は、人間の体の中で最も盛んに細胞分裂を行っているところです。
そのことは大量の栄養を欲しがっているところなのです。

 

リンパ管

 

そのためには血管の調子を中からよくする必要があります。
最近は脳卒中のように脳の細胞が死んでも、血管の調子がよくなり、毛母細胞がよみがえる例も出てきています。

 

それほど重要な血管。

 

まずは
食べすぎに注意
・過食は肥満の元となるほか、髪の生産にも影響します。
ストレスフリーに
・過剰なストレスは体全体に悪影響であり、薄毛の原因にも。
塩分の取りすぎは生活習慣病のもとに。
・胃の知覚神経が鈍感になり、過食の原因にも。

 

血管の働きは自律神経によって支配されていますので、
これによって調子が悪くなるときもあります。
円形脱毛症もこの影響です。

 

血管を若返らせる食べ物
くるみ(αリノレン酸)、いわし(EPA)、にんにく、大豆食品(イソフラボン)、シナモン

 

血管年齢とは・・
動脈硬化がどの程度進行しているかと言う数字で、
若いほうが髪の毛にもよいです。
主に動脈のことを示します。
悪くなると、動脈硬化と言う単語も聴きますよね。
動脈硬化は心筋梗塞や、脳卒中の原因になります。
検査は、冠動脈の状態を調べるコンピューター断層撮影
頸動脈の壁の厚さを調べる超音波検査
脈波速度の検査などがあります。

 

血管

 

血液中の栄養は起きている時間は、脳や内臓に多く流れ、
寝ているときに骨や皮膚に多く流れます。
よって夜のほうが髪の毛が成長しています。

 

頭皮の温度は、平均体温より2度ほど低いと言われ、
それだけでも血液が流れにくいと言われます。

 

なお、毛細血管は自律神経の影響を受けて、拡大したり収縮したりします。
なお自律神経は本人の意思に関係なく動く神経です。

 

血流は血管の圧迫によっても影響を受けます。
よく外部からの圧迫で帽子やヘルメットが言われますが、
それ以上に頭がい骨が大きくナット凝ることがあります。
よく学者はげというのがありますが、頭をつかうことによって頭が大きくなり
頭皮を伸ばす感じで張り付いた感じになり中の血管を圧迫します。

 

また頭が細い人と丸い人では丸いほうが圧迫しています。
このことで薄くなる場合もあり、この頭の形が遺伝する場合が多いので、
はげが遺伝するという1つの原因になっています。

 

最近スキップをすることによって血流を上げ、毛細血管を伸ばしたり、
毛細血管の先端まで血液を送るということが進められています。

 

歩く場合は3分ゆっくり3分早歩きを繰り返すといいとのことです。

 

頭皮のマッサージによって血行を上げようという人は多いです。
適度な気持ち良い程度が最善。
頭皮は思っている以上にデリケートなので、
力を入れすぎたり、
長時間のマッサージ
爪を立てる
ブラシの使い過ぎ
などはよろしくありません。

 

 

血行を促進する成分

 

トウガラシチンキ、ショウガエキス、ゴマ油、ハッカ油、ショウキョウエキス、スペアミント油、イチョウエキス、エビネエキス、ジオウエキス、セファランチン、センブリエキス、ビタミンE、アルニカエキス(アルニカ花エキス)、カミツレエキス、ゴボウ根エキス、ニコチン酸ベンジル、ニンジンエキス、トウキンセンカ花エキス、オランダガラシエキス、ニンニクエキス、ブラセンタエキス、サンザシエキス、トウキエキス、酢酸トコフェノール(ビタミンE誘導体)、ローヤルゼリーエキス、ニコチン酸アミド、グルコシルヘスペリジン、チョウジエキス、チンピエキス、クジンエキス、ヒキオコシエキス(エンメイソウエキス)、イラクサエキス、塩化カルプロニウム、クジンエキス、など

 

良い血管を維持して女性用育毛剤のパワーを十分に発揮させましょう。