脱毛、薄毛の原因

脱毛、薄毛の原因

男性と女性。
脱毛と薄毛の原因は同じものもあり違うものもあります。

 

遺伝。
食生活。
睡眠時間。
ストレス。
男性ホルモンが関係するもの。
カラー剤。
シャンプーやトリートメント。
加齢。
ドライヤーのかけすぎ。
髪をくくる。
化粧品。
内臓疾患。
頭皮や自律神経の病気。

 

脱毛と薄毛の原因

 

さまざまな原因で
頭皮の状態が乾燥したり、薄くなったり、硬くなったり
血行やリンパの流れが悪くなったり、
髪の材料が不足したりして、
脱毛の量が増えたり、
休眠状態のものが増えて!薄毛になっている人が多いです。

 

髪の毛が細くなるのは髪に栄養がいきわたっていない証拠。
「まだ大丈夫」と現実から目をそらしても、問題は解決しません。

 

東洋医学では、気血水の重要性が説かれていて髪の毛にも影響しています。

 

気は、生きていくのに必要なエネルギーにつながります。
最近で言う酵素の働きもこれに近いですね。
体が動いたり体温を調整したり、体調が壊れないように働いたり大切なことです。

 

血は、字のごとき血液なので、栄養などを運ぶ重要なものであり、
育毛には非常にかかわりがあります。

 

水は、体全体が潤っていたり、関節がスムーズに動いたりするのに欠かせないものです。

 

脱毛
女性は7の倍数で体が変わっていくといわれていますので、
知ることと対策は必要です。
年齢とともに女性ホルモンが減るとエストロゲンが減少し、
毛乳頭に作用して、髪の毛のサイクルの成長期を持続していく働きや、
頭皮のコラーゲンを作ることを促す働きが低下していきます。
夜と朝や、生活環境によってもかなり違ってくるので把握しておきましょう。

 

体の中のことは、わかりにくい場合が多いですが、
肌に出ることが多いので注視することで体内環境を知ることができるでしょう。

 

このような様々な原因によって、
毛根に栄養がいきわたらないか、毛根で髪の毛を生産しようとしないことが
薄毛や抜け毛として現れます。

 

なお試しに髪の毛を1本抜いて、痛みを感じればよいのですが、
痛みを感じない場合は、頭皮の状態が悪化している場合が多いです。
リンパ液や血液がうまく流れず、末梢神経まで調子が悪くなっている状態です。
この場合痛みや温度に鈍感になっています。

 

このような場合にも女性用育毛剤は有効ですので使うことをオススメします。