育毛と病理学

病理学は、病気の原因をさす場合があります。

 

抜け毛が増えた、フケが出る、頭皮がべとべと。
これらは病気の場合があります。

 

この原因を知ることが病理学の1つ。
解決手段が見つければ、病気が軽減して、いずれ完治する場合も。

 

病理のお医者さんは、一般患者と直接会うことはありませんが、検査の場で活躍されています。

 

病理医

 

詳しく知ることは、完治の第一歩。
抜け毛の原因に至る血管のことまで知っておくとよいでしょう。
まあ、むつかしく考えることはないですが、不思議な世界が見えてきます。

 

そして細胞1つ1つがみんな必死で生きています。

 

それぞれの細胞が自分の仕事をしながら協力し合ったりしています。

 

スムーズにいくようになっていけば、女性用育毛剤の効果も上がっていきます。

 

育毛と病理学記事一覧

細胞

人間は水と細胞でできているといっておかしくないほどです。その細胞の数は、200種類60兆個といわれていましたが、今では250から300種類、38兆個程度といわれます。そして驚きは、その6割が赤血球ということです。赤血球の役割はすごそうです。この細胞たちに何らかの異常が生じると病気になります。*神経的...

≫続きを読む