育毛総合情報

育毛に関する総合情報

やるのもやめるのもあなた!

 

育毛を本気でしたいなら、あなたはやるでしょう。
そして女性用育毛剤の効果を感じることができます。

 

女性はいつまでたっても若々しくいたいもの。

 

今からする人も、やっている人も、いったんあきらめている人も

 

今一度見直しをやって、

 

つやがあり弾力のあるきれいな髪の毛を取り戻しましょう。
100%までとは言いませんが、
かなりの高い確実で今の現状とおさらばできます。

 

すべてやって、効果が出なければ、育毛クリニックに行くのもよし。
ウィッグをつけるのもよし。

 

ただいまの状態ではいっぱいできることがあるのではないでしょうか。

育毛総合情報記事一覧

髪のべたつき

ロングの小学生などに多いですが・・洗っているのに髪がべたついている女性がいらっしゃいます。これは、皮脂がいっぱい出ている髪が洗いきれていないシャンプー剤の流しが足りないなどが考えられます。これは、最近炭酸で髪をきれいにするものがあり、とりあえずこれできれいになります。後は原因の改善になります。ほって...

≫続きを読む

 

薄毛の人への意見?

よく女性の方としゃべっていると・・男の人は薄くなればそればよいですよ髪の量は関係ないし命にかかわることではないしでもこれって、絶対今は髪の毛の料が大丈夫な女性が言われます。もし悩みだしたら・・気持ちがわかるのか?言われなくなります。やっぱりいやなことなんですよね。年齢や遺伝は避けられませんが・・いつ...

≫続きを読む

 

抜け毛と遺伝の関係

人間は受精によって生まれた後、2か月から3か月すると、皮膚の一部が変化して、毛包という髪に毛を作る細胞ができます。この時、親の遺伝を引き継いで、細胞分裂が繰り返されて、髪の毛が誕生していきます。この遺伝内容は、髪の毛の太さ、色、形状などです。今のところはげの遺伝子は見つかっていません。男性型脱毛症と...

≫続きを読む

 

抜け毛と自律神経の関係

育毛や、抜け毛には神経がかかわってきます。その中でも自律神経は、医師にかかわらないで働くのでやっかいです。中枢は間脳というところにあります。そこから、交感神経と副交感神経が出ています。交感神経身体の活動にかかわって、血管の収縮が起こります。副交感神経身体の修復が活発に行われます。この時髪の毛も大きく...

≫続きを読む

 

抜け毛とヘアカラーの関係

昔は40代50代の人が白髪が気になって染めたり。芸能人が染めたりだったですが・・最近はおしゃれのために10代でも染めている人は多いです。では抜け毛や育毛について影響はどうなのでしょう。答えは、大いにあります。通常明るく茶色に染めるものは、髪の毛を柔らかくしたり、効果を上げるためにアルカリというものが...

≫続きを読む

 

抜け毛とパーマの関係

ウェーブやストレートなどおしゃれのためにパーマをかけている人は多いです。ところでこのパーマ。抜け毛や育毛には関係あるのでしょうか。答えは・・ある程度影響があります。パーマをかけるにはアルカリで、髪の毛を柔らかくするので、これは後根にはよくないです。よく赤くなったりピリピリしたり、皮膚に炎症が出る人が...

≫続きを読む

 

抜け毛とブラッシングの関係

頭皮に刺激は少しはいいのですが、ブラッシングの場合、よいと思ってやっていることがマイナスになっていることが多いです。特にナイロン系の静電気が起きるタイプは気を付けてください。ナイロンのブラシで乾いた髪の毛をとかすと、髪の毛の表面にプラスの電気ができます。この電機は毛幹を通り、皮膚には隠れている毛根に...

≫続きを読む

 

頭皮のかゆみ

頭皮に、かゆみの現象が起きることがあります。原因は、アレルギー紫外線のやけどパーマやカラー剤のダメージ細菌の繁殖毛じらみ乾燥ストレス食事いろいろありますがそれらによって、頭皮が調子悪いので、かゆみとなって出てきているのです。かゆい時、かきむしる・・これは最悪ですね。放置していても治らないこともありま...

≫続きを読む

 

育毛のためにやめてほしいこと

育毛は神話であってはいけません。実話になるように最善の方法を実行して結果を出しましょう。何かをするより、やめる方が簡単です。ただしやめたくないものも多いでしょうし、まずこの中からやめられるものをやめましょう。タバコはよくないです。*ニコチンが血管を収縮させるので血流が悪くなります。脂っこいものや塩辛...

≫続きを読む

 

手作り育毛剤

育毛剤って手作りできるの?しかも効果は・・実は効果の高いものを手作りすることもできます。化粧水だって効果のあるものを個人で作っている人はいます。女性も男性も使うことができます。ただし一部アレルギーのある人は作った後でパッチテストをしてください。また防腐剤を入れないので、おかしな匂いがしたら捨ててくだ...

≫続きを読む

 

脱毛、薄毛の原因

男性と女性。脱毛と薄毛の原因は同じものもあり違うものもあります。遺伝。食生活。睡眠時間。ストレス。男性ホルモンが関係するもの。カラー剤。シャンプーやトリートメント。加齢。ドライヤーのかけすぎ。髪をくくる。化粧品。内臓疾患。頭皮や自律神経の病気。さまざまな原因で頭皮の状態が乾燥したり、薄くなったり、硬...

≫続きを読む

 

睡眠のための食事

睡眠のための食事は、一般に睡眠を促す食べ物があっても、含有量が少ないので、あまり期待できません。夕食は、寝る2時間前には終わらせるようにするのがベターです。胃に食べ物が残っている状態で寝てしまうと胃腸に負担がかり、眠りが浅くなります。食事が遅くなったときは消化の良いものにしましょう。消化が悪いものは...

≫続きを読む

 

育毛・血管のための食事

育毛のために血管は重要な役割があった。血管をよくする食事は大切です。1:腹8分目2:塩分控えめ3:カルシウムの摂取*カルシウムの吸収はキレート作用を使います。キレート作用というのは、カルシウムをクエン酸で包んで摂取するというものです。例えば、いちごミルク4:トマトの抗酸化作用5;オリーブ油6:くるみ...

≫続きを読む

 

育毛と血管の関係

脱毛や薄毛は様々な原因によって起きますが・・最終的に血管が影響しています。髪は血管から栄養を貰って成長しているのです。多少頭皮の調子が悪くてもしっかり栄養を貰っていれば、髪の毛は伸びます。髪の毛を作っている毛母細胞は、人間の体の中で最も盛んに細胞分裂を行っているところです。そのことは大量の栄養を欲し...

≫続きを読む

 

育毛と血液の関係

毛根には髪の毛を作っていく毛母細胞があり、その毛母細胞は、血管を通って運ばれてくる血液から栄養や酸素をもらっています。血液はサラサラで、必要な物を一杯運んできてほしいです。その中にはホルモンなどもありますね。酸素は、血液中の鉄分が運んできてくれます。ところが最近はインスタントを食べる人が多く、鉄分不...

≫続きを読む

 

育毛と肩こりの関係

肩こりを起こしていると結果的に血流が落ちるので、育毛を妨げます。肩こりがひどくなると、脱毛が増えてしまいます。ひどくならないうちにマッサージなどに行って肩こりをほぐしましょう。運動やシップ剤も効果があります。

≫続きを読む

 

毛細血管再生

毛細血管は老化などによって傷ついたり、欠損したりしていきます。皮膚の細胞まで届いていた毛細血管がちぢんで届かなくなります。髪の毛を作るところや肌は毛細血管から栄養や酸素をもらっています。これが届かないと調子が悪くなります。栄養不足の状態ですね。育毛剤によっては、この毛細血管が少し伸びるという物も出て...

≫続きを読む

 

血管をきれいにする方法

血管は使われていると徐々に固くなったり、中が詰まってきます。そこでその血管を掃除したり、拡張することができる物質が見つかっています。これをやるためには1日3分使います。1回1分。それは肺を膨らますような呼吸です。これを1分間に数回行います。一気に血流が良くなりますので、しんどくなる人がいます。その場...

≫続きを読む

 

血管拡張作用

血管はできるだけやわらかく広い方が良いです。これで高血圧も解消できますし毛根にも栄養がいっぱい行きます。これを行う育毛剤もありますが・・以前ためしてガッテンでも紹介されたことがありますが・・タオルを握るだけで血管がやわらかくなり広くなります。これは握ったときに、筋肉が収縮して、血流が低下して、手を緩...

≫続きを読む

 

育毛とアルコールの関係

お酒は適量はいいですが、飲みすぎると肝臓が悪くなります。髪の毛の材料のたんぱく質は肝臓で作られるので、よくないですね。休刊日を作るのがオススメです。また夜のビールの飲みすぎは、トイレに行きたくなり睡眠を妨げます。アルコールがきついのも気つげ薬のように目がさえることもあります。ストレス解消にはいいです...

≫続きを読む

 

育毛のための体操

育毛のために私のお勧めの体操は、近年注目されたことがあるおっぱい体操です。おっぱいを大きく理想の形にが目標ですが・・このことで滞ったリンパの流れがよくなることは育毛につながるものがあります。やることがストレスになってはいけませんが、気持ちいい程度でいいのでやってみましょう。やり方はネットや書店で手に...

≫続きを読む

 

有酸素運動

十分な呼吸を確保しながらできる運動が有酸素運動です。有酸素運動は、ジョギング、エアロビクス、水泳、サイクリングなどのきつすぎないレベルの運動を長時間持続する運動です。継続的に組織や細胞に酸素を供給することによって、脂肪燃焼効果を上げる全身運動なのです。20 分程度続けて行うことにより、脂肪が燃焼し始...

≫続きを読む

 

髪は女性の命

昔から髪は女性の命といわれます。この意味は髪を見ただけでその人年齢を表すところでしょう。ツヤがあり弾力があり、髪の量が多ければ、きっとあなたは実年齢より若く見られていることでしょう。その反対は残念ですが・・しかもこのことに精神的に参ってしまい、命だって…そこで女性用育毛剤を早い時期から使うことをお勧...

≫続きを読む

 

育毛のための運動

育毛と運動って考えもつかないですが・・体に良いことは髪の毛にも良いことです。ラジオ体操首を右左5回くらい回す。スキップや歩いて、第二の心臓と呼ばれる脚の筋肉を動かす。このことによって心臓より上の部分に血液を送り込む。トランポリン5分程度、けつまずかないための片足立ち20秒・左右XYSTUS(ジスタス...

≫続きを読む

 

育毛のための音楽

音楽は心をリラックスさせてくれるにとどまらずやる気にもつながるものがあります。聴いていて心地よいものが、育毛につながりますね。ヒーリングサウンドに育毛効果が高いことが分かってます。ヒーリングサウンドとは、身体を健康な状態に戻す「自然界に存在する音」のことをいいます。無料で聞いてみるならまとめサイトh...

≫続きを読む

 

育毛のための食事

育毛のための食事は、基本的にはバランスの良い食事です。健康な体を作ることです。大切なことは食べすぎないこと。食べた後でしんどいと思えばすでに食べすぎです。体のためにも白い色のものは良くありません。白砂糖・白米・白い小麦など。大事なポイント生食、未精製、一物全体食、酵素、発酵食品、手作り、減糖、季節ナ...

≫続きを読む

 

育毛のための入浴

入浴は育毛に関係します。時間を作って寝る数時間前に入りましょう。心をリラックスさせ体をあっため脚の余分な水分を上半身に持ち上げます。よって、簡単なシャワーではダメ。ゆったり浴槽に入りましょう。香りが好きな人は、アロマも有効ですね。寝る寸前にお風呂に入るのは寝苦しいです。寝るときの体温は低い状態です。...

≫続きを読む

 

育毛のための生活環境

髪の健康のためには生活環境も大切です。洗っていない枕カバーや布団カバー部屋のホコリなどは、ニオイや、ダニやカビなどの雑菌これらが髪や頭皮についたり睡眠を妨げたりします。掃除をすれば気分も明るく。頑張りすぎなくてもいいですが週に1回は掃除しましょう。寝る前にストレスを抱えていると、副交感神経の比率が上...

≫続きを読む

 

頭皮の脂の質を変える

脂の質を変化させ、ホルモンをコントロールすることで、改善と予防を行っていきます。からんさ花蘭咲頭皮高コレステロールの摂取を控え、適度な運動をすることにより代謝や血行の改善につながります。運動不足は血行不良を招き、髪に栄養が届かない事態になります。髪に栄養が届かないと髪は細くなり、パサつく原因にも・・...

≫続きを読む

 

男性ホルモンを抑制

最近多く出てきたタイプの1つで、AGA(男性型脱毛症)の改善と予防を行います。AGAは、脱毛症つまりハゲが遺伝するのではなく、体質が遺伝するのです。男性の場合は早いと高校生くらいからAGAで薄くなり始める場合もあります。そして20代から30代には・・女性の場合は早くても20代後半からこの影響が出てい...

≫続きを読む

 

血行を促進

生活習慣の乱れやストレスなどによる血行不良を改善したり予防します。血行が悪いと、毛根が栄養不足の状態になります。抜け毛や薄毛の原因はいろいろですが、結局この原因によって、血行の流れが悪くなっています。からんさ花蘭咲血行不良の原因としては、運動不足・ストレス・寝不足などによる自律神経失調、高カロリー・...

≫続きを読む

 

毛母細胞を活性化

頭皮環境の悪化により毛母細胞の働きが弱まっている場合の、抜け毛や、細毛の改善や予防をします。毛母細胞顔の肌とちがって頭皮は毛が生えているので悪化していてもわかりずらいです。また、洗顔には高級な洗顔料が使われていても、シャンプー剤は安いものであったり頭皮はいつも耐えているのです。頭皮が硬い人や薄い人は...

≫続きを読む

 

毛母細胞に栄養を補給

髪の毛に必要な栄養が不足していることによっておこる抜け毛や細毛の改善や予防を行います。ベルタミューノアージュ普段忙しくてインスタント食品やコンビニ弁当、ファーストフードばかりの生活になっていませんか?これではどうしても栄養が足りない状態になってしまいます。髪のことを考えるなら、作った方がいい。とは思...

≫続きを読む

 

育毛の専門家

育毛に関する専門家はいろいろなところにいます。育毛病院の皮膚科にもいます。頭皮頭髪関係のクリニックにもいます。美容院にもいます。エステにもいます。かつら、植毛業界にもいます。どこでも差はありますがいろいろ研究されています。対策をしてもらったときに金額にも差があります。病気による髪トラブルは病院がよい...

≫続きを読む

 

オリゴペプチドの国際特許

オリゴペプチドの国際特許は国際先端技術総合研究所が、米国、欧州、ロシア、中国など主要国に特許確立しました。オリゴトリ、テトラ、ペンタ、ヘキサのオリゴペプチド。プロリルイソロイシルグリシル単位またはイソロイシルグリシルセリン単位を含むアミノ酸3―7までの水溶性オリゴペプチドおよびそれらの水溶液トリペプ...

≫続きを読む

 

育毛と栄養障害

髪の毛を作るには材料がいります。そこで栄養は大切です。ところが・・栄養たんぱく質を取りすぎると内臓器官に脂肪がついてしまったり血管や血液の質が下がってしまいます。栄養はバランスよく取ることが大切です。良くないのは、動物性たんぱく質の取りすぎレトルト食品やインスタント食品の取りすぎです。過食や、過剰な...

≫続きを読む

 

育毛と生理不順

生理不順があると、ホルモンバランスの乱れストレスなどがおきます。これらは育毛に影響を与えます。そこで生理不順の原因をできるだけ考えて、1日も早く解決しましょう。ダイエットや過度なスポーツ、立ち仕事やひえこれら度できる範囲で改善をしないと、いくら女性用育毛剤を使っても簡単には育毛できません。

≫続きを読む

 

光老化

老化というと若者には関係ないように思われますが、太陽は平等に降り注ぎ、その中の紫外線が髪の毛や頭皮を老化させます。肌の老化の7割は光老化だといわれています。後は糖化など。髪の毛のダメージ抜け毛の増加薄毛の進行白髪の増加よって、UVケアは大切です。紫外線は3月ごろから増えますので、暑くないからと言って...

≫続きを読む

 

活性酸素

釘のように人間の体もさびるといわれます。この原因は活性酸素。これについては、抗酸化作用と言って、除去の話がいっぱい出てきます。この活性酸素。ウランじゃないですが以外に強力なのです。触ったらすぐさびるみたいな。しわが増えた。物忘れが多い。髪が少なくなった。このような老化現象の原因が、活性酸素にはありま...

≫続きを読む

 

育毛と酵素

人間。酵素がなければ、考えることも出来なければ動くことも出来ないといわれます。一番有名な酵素は消化酵素ですね。細胞の仲では、代謝酵素によってエネルギーが生まれています。しかし老化と友に酵素を作る機能が衰えてきます。この時に血液のドロドロ度合いもアップしていくのが確認されています。これによっても血管は...

≫続きを読む

 

育毛とリンパ腺の関係

毛根は生きています。という事は細胞が老廃物を出しているのです。静脈も持って帰ってくれますが・・通常リンパ腺が老廃物を運びます。という事はリンパ腺の流れは大切。リンパ腺やリンパ節の軽いマッサージは重要。意外に知られていないのは・・トランポリンがいいです。5分でいいのでやりましょう。最長10分程度。家庭...

≫続きを読む

 

育毛と呼吸

人間には呼吸が大切です。しかもただ単に呼吸をするのではなく・・ゆっくり鼻から吸う、ゆったりとした腹式呼吸が良いです。腹式呼吸は腹部の血流がよくなり、滞りがちな静脈の流れがよくなり、育毛につながります。息をゆっくり十分に吐くと、血管や内蔵を調整する自律神経を整えることができますので育毛につながります。...

≫続きを読む

 

ブラッシングの効果

突然ですが、日頃からブラッシングはなさっていますか?“歯”ではなくて、“髪”のブラッシングです。どうやら日本では「ヘアスタイルを整える程度に…」という方が多く、まだまだブラッシングの習慣が浸透していないのが現実のようです。実は、ブラッシングは健やかで豊かな髪を育てるためには欠かせないヘアケアの一つ。...

≫続きを読む

 

育毛剤で本当に生えるのか

育毛剤は以前から研究が盛んで、大なり小なり効果があると考えられます。原因に合った育毛剤を使うことにより、多くの方が育毛効果を得ることができるでしょう。育毛剤ただし病的な理由の脱毛はなかなか止められません。薬剤との関係もありますので使用にも注意が必要。使われる前に担当医の方に相談することを強くお勧めし...

≫続きを読む

 

育毛剤の仕組み

育毛剤には薬草や海草その他、国で認められた成分が入っています。各社メーカー、商品の種類によっても配合されている成分は違います。それらは頭皮をきれいにしたり頭皮をしっとりさせたり頭皮を柔らかくしたり栄養を毛根に運んだり毛細血管まで届く効力があるものもあります。また、バイ菌を殺してかゆみを止めるものもあ...

≫続きを読む

 

育毛剤の作用

最近はさまざまな育毛剤が出ていて、私は実験では京大の特許を使った育毛剤も使いましたが、、、そうカンタンに髪の毛は増えないのです。まずは脱毛を食い止めて、成長期間を長くするところくらいからです。育毛効果抹消血管の拡張作用毛乳頭周辺の炎症を抑える毛母細胞・毛包上皮組織の細胞を活発にする頭皮を殺菌する頭皮...

≫続きを読む

 

育毛剤を使い始めたきっかけ

育毛剤を初めて買われるきっかけは人それぞれ。中でもこのような声が聞かれます。お風呂の排水溝の抜け毛にびっくりブラシにつく抜け毛にびっくりヘアスタイルが持たなくなった写真写りがいつもと違う髪のボリュームがなくなった産後の抜け毛周りの人の一言カユミやふけが気になってきた何気なく鏡に向かって映った自分の頭...

≫続きを読む

 

育毛剤の効果はいつから

最近は女性の方でも育毛剤を使う人が増えてきました。男性と違ってすぐにやめる人はいないのですが・・やはり効果は早く出てほしいもの。まずは本人に育毛剤があっていないといけないですが・・まず1週間から10日は、抜け毛が増えることがあります。これは今にも抜けようとしていた髪の毛が一気に抜けてくるからです。そ...

≫続きを読む

 

育毛剤の効果的な使い方

育毛剤を効果的に使うにはまず購入したら、説明書は絶対読むこと。*1日何回使うのか?どれくらいの量を使うのか?濡れた状態か乾いた状態どちらに使うのか?など説明書の通り3ヶ月使ってみること。*髪の毛はすぐには生えるものではありませんので3か月から6か月は同じものを使ったほうがいいでしょう。量は多少おおめ...

≫続きを読む

 

育毛成分

育毛剤の中にはさまざまな育毛に関係する成分が入っています。医療で認められたものは、医薬品としてでています。それ以外に、ある程度育毛効果があると認められたものや、各研究所のデータで、生えることが確認されたものが入っています。医薬品のリアップなどは効果が高いですが・・多少の副作用も認められています。中国...

≫続きを読む

 

育毛剤を選ぶ基準

世の中には多くの育毛剤があります。いったいどれを使ったらいいのでしょう。選ぶ基準美容師である私のオススメ基準は、女性が使うなら女性用か男女が使えるタイプ。効果があるもの脱毛の原因にあっているものあまり匂いのないものべたべたしないものおしゃれな容器合わないときの返金保証コスト的にあまりにも高くないもの...

≫続きを読む

 

育毛剤比較

育毛剤は数千種類以上とも言われるほど、多くの物が販売されています。育毛剤この中から使いたいものを比較するとまず、女性の場合は使っていいものと悪いものに分ける必要があります。この場合海外だと日本と基準が違いますので、海外の育毛剤を並行輸入するのはあまりお勧めしません。基本的に比較する場合は・・医薬品な...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤

女性用育毛剤は女性の方のため専用に作られた育毛剤です。男性と女性の場合は、若干抜け毛の原因が違います。お肌も違います。女性用そこで、女性が薄毛で悩む原因を徹底的に調べられ対応してできたのが女性専用です。ただし、全ての女性に効果があるかというと、やはり合わない方もいらっしゃいます。特に原因が男性型AG...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤市販購入の前に

女性用育毛剤市販購入の前に知っておくことは女性が使って効果が出るものか医薬品か、医薬部外品か、化粧品化の分類について副作用について金額についてつけやすさについて匂いはどうか購入してから合わないとき返品できるかお得な定期購入コースはあるか入れ物のおしゃれ度べたつき敏感肌でも使えるか成分など知っておいた...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤ランキング

このホームページも一応女性用育毛剤をランキング形式で書いていますが・・実際ランキングというのは難しいものです。それぞれの人によって脱毛や、薄毛の原因が違うため、内面的、外面的に治したほうがいいところは、治していってその人にあった育毛剤を使わないと効果が出ません。育毛は悪い事からのランキングなら、アル...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤の評価

もともと育毛剤といえば男性用でしたし。多少女性が使ってもいい程度でしたが・・初めてできた女性専用は、女性の薄毛や抜け毛のことを徹底して研究され、女性の頭皮にあったもの女性の原因を軽減するものなどでした。女性にとっては以前のものに比べ評判は良いです。ただし年々女性の敏感肌の数が増えていったり、男性と同...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤口コミ

女性用育毛剤の口コミは3割は信用できますね。女性の薄毛、脱毛の悩みは、年々低年齢化しています。これは、遺伝以外にダイエットや、ヘアカラー、シャンプーのしすぎなどがあります。育毛の口コミでは効果ぴりぴり度合い匂い容器の使い勝手などがあります。無添加無香料は、多くの商品で採用されてますね。コストパフォー...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤効果なしの理由

女性用育毛剤をランキング形式で書いて、それを見て買ったのに効果なしという人もいます。女性用育毛剤は水ではないので何らかの変化はあったと思うのですが、特に良い現象として目に見えるものがないと、効果ない、効果なしといわれます。原因はこのサイトでいくつものコンテンツで書いていますが・・説明書のように使って...

≫続きを読む

 

理想の女性用育毛剤

私は美容師なので、育毛剤に対する希望はいっぱいあります。実際お店には、2000円の育毛剤から25000円の育毛剤も取り扱っています。では理想の女性用育毛剤とは・・効果があるのは最低条件で敏感肌の人でも使えるにおいがあまりしない*20代の方用にはにおいがあったほうがよい場合も。適度な粘性がある1日つけ...

≫続きを読む

 

女性用育毛剤を男性が使うと

男女ともに抜け毛で悩む人は増え続けています。原因が同じ場合もありますし、違う場合もあります。よって女性用育毛剤を男性が使った場合・・ある程度の効果が出る場合と何も変わらない場合まで段階的にあり、ほぼ悪影響が出ることはないでしょう。男性の薄毛は、本数が減るというより、1本1本が極限まで細くなっていきま...

≫続きを読む

 

男性用育毛剤

男性は女性と抜ける原因が違います。男性は、男性型脱毛症であったり頭皮の皮脂の量が多かったりさまざまな原因で通常は、髪の毛1本1本が細くなってきて、成長期の期間が短くなり早く抜けるようになります。これによって太さ的に細くなった分少なく見えますし生えるより抜ける方が多ければ本数も減ってきます。また皮脂が...

≫続きを読む

 

キャピキシルで育毛【ザ・スカルプ5.0c】

なんと言ってもこの商品の注目ポイントは、「キャピキシル」という成分です。育毛剤の中でも有名な成分である「ミノキシジル」そのミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされているのが、この「キャピキシル」となります。Cは日本で唯一のキャピキシル配合の認定ロゴの使用を認められています。早速注文臭いはレモンのジュ...

≫続きを読む

 

THESCALP5.0Cニュース

年末に向けて忙しい時期に入り、仕事の疲れや飲み会疲れもあるかもしれませんね。そして寒い時期なので体調や乾燥などにも気をつけなくてはなりません!そしてこの寒い季節の冬こそ、薄毛対策にはとても大切な時期だということを知っていますか??ヘアケアについて考えて頂ければ幸いです。【髪の毛】実は髪の毛は全部が一...

≫続きを読む

 

キャピキシルで育毛-モンゴ流育毛剤Deeper3D

日本の株式会社アルファウェイが製造及び販売している最近話題の育毛剤です。キャピキシルが入った育毛剤です。よくミノキシジルの3倍の効果があるというのを聞かれたことがあると思います。最近話題の成分ですね。<使い方は簡単>頭皮と髪をドライヤーなどで乾かし、乾いた頭皮に使用します。1日2回のご使用で約30日...

≫続きを読む

 

ポリピュアEX

男女が使える育毛剤です。ポリピュアEXは、文部科学省や経済産業省のもと、日本・アメリカの大学を中心とした17年間に及ぶ再生医療の研究を発展させ、ついに完成した成分を高濃度で配合した育毛剤です。独自成分は「バイオポリリン酸」という成分です。薄毛の人の「情報タンパク質」と言うのを安定させます。これで抜け...

≫続きを読む

 

リアップ

リアップは、有効成分ミノキシジルを配合した発毛剤です。1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗布します。薬局で購入できます。副作用が海外でも問題になっていますが、女性用も日本で発売が開始されました。海外に比べてミノキシジルの濃度が薄いです。海外の同じ様なものは金額も安いですが・・日本人の体に合った...

≫続きを読む

 

返金保証

ネットで購入するとき怖いのが・・口コミに頼ること。全額実際に商品を見ていないので分からない。効果なんてもっと分からない。そこで多くの女性用育毛剤は、育毛剤の返金保証をつけています。長いところだと90日間もの保証が付いていますね。商品の返品は、自己負担や、1本目までとか、いろいろ規定がありますので一応...

≫続きを読む

 

育毛とおすすめの白髪染め

白髪が出てくると、抜く人がいらっしゃいます。生えなくなってくるのでやめましょう。「抜かないと白髪が広がる」と、よく耳にしますが完全にデマです。抜くと頭皮にもダメージがありますし、抜くのがストレスになる場合も・・・。白髪を染める場合は、家庭等のヘアダイがお手軽で、されている人多いですが、頭皮にも髪にも...

≫続きを読む

 

毛母細胞

毛母細胞は、髪の毛の一番根元にある細胞です。毛乳頭から栄養や酸素を受け取っています。それを養分として細胞分裂が繰り返されることで髪の毛となり、押し出されていきます。これが髪の毛が伸びる原理です。これが停止すると抜け毛となってしまいます。何年も細胞分裂を繰り返すのですごい頑張っている細胞ですね。老化な...

≫続きを読む

 

頭皮

頭皮は頭の上の部分であり、髪の毛が生えています。見えにくいですが・・同じ皮膚なのです。ほかの体の肌の部分と同じようにターンオーバーがあり常に生まれ変わっています。ここで考えてほしいのは、生まれ変わるには材料もいるのと日数がかかることです。栄養を取ってないとだめだし・・シャンプーで上を削りすぎると肌の...

≫続きを読む

 

頭皮の健康状態

頭皮は髪の毛が生えているので健康度合いと言われると、わかりにくいですがかゆかったり、ふけが出ていると調子が悪いことが分かります。皮膚なので、水分や油分が適度にありバリア機能がしっかり機能していなくてはいけません。健康状態を知ろうとすれば、頭のてっぺんに、百会というツボがあります。有名なツボなので知っ...

≫続きを読む

 

敏感肌

敏感肌は男性より女性の方のほうが多いといわれます。敏感肌になると、育毛剤がしみるなどの事も起きています。これは、皮膚の1番外側の表皮の部分が調子悪くなりバリア機能が十分に果たせないようになって、しみたりする成分を肌の奥に侵入するのを許してしまったせいです。肌の状態がよくなるとバリア機能も回復して、し...

≫続きを読む

 

脂性の頭皮

脂性の頭皮は男性に多いですが最近は女性の方にもおられます。脂性に頭皮の人にはトニックの代わりにレモンを絞った、レモン水もオススメです。収斂化粧水のような感じで・・レモン1個をジューサーで絞ると約25ミリリットル取れます。この酸度はクエン酸でいうと6%くらいで強いので10倍から20倍薄めて使うとよいで...

≫続きを読む

 

髪の毛の発生

髪の毛はすでに生まれる前から発生しています。生まれたときに髪の毛の濃い子から、殆どない子がいますがそれでも発生はしています。胎生期に皮膚の付属器として、毛髪、皮脂線、汗腺が誕生。はじめに毛包が作られます。髪の毛が誕生すると次第に伸び始め、成長期と言う時期に入ります。この時期は数年から10年以上続くこ...

≫続きを読む

 

髪の毛の構造

髪の毛の殆どはケラチンと言う物質で出来ています。それが18種類のアミノ酸と結合しています。ケラチンはばねのようにらせん状に伸びていて、もともとはα型ケラチン。これを引っ張るとばねが伸びたような状態になり、β型ケラチンになります。このばねが横につながっているのですが、ココにつなげている物質をシスチンと...

≫続きを読む

 

脱毛

女性を見ているとすごく髪の長い方がおられるので髪の毛はいつまでもぬけないように見えてしまいますが・・1日に50本以上の髪の毛は自然と抜けます。特に1本1本が長い場合は、多く抜けたように感じて、心配する人も多く実際悲しいですよね。これが1日100本以上脱毛し始めると生えてくる髪の毛の本数が追い付かなく...

≫続きを読む

 

毛穴から生えている髪の毛

毛穴は生まれてくる前からあります。ただし赤ちゃんの髪の毛が薄い場合が多いのは、毛根及び毛根周辺の組織がまだ未発達だからです。これは1年から2年で発達してきます。なお未発達の上程でもヘアサイクルはあります。赤ちゃんのふわふわした髪の毛はかわいらしいですよね。ただ切れやすいので、後頭部などが薄く感じる赤...

≫続きを読む

 

ヘアサイクル

髪の毛を洗って抜けたり、ブラッシングをして抜けるのは自然なことです。そこにはヘアサイクルというものがあって、1日60本から100本くらいは抜ける日を迎えます。髪の毛が誕生して2〜7年の間は毛母細胞が活発に活動(分裂を繰り返す)して、髪の毛が成長します。これを成長期といいます。頭の髪の毛12万本のうち...

≫続きを読む

 

ふけ

ふけが出ている人をみると清潔感がないように見えていやですし自分が出ているともっといやですよね。通常はターンオーバーが正常て細かいため見えないのですが、頭皮のトラブル、ホルモンバランスの異常、皮脂の過剰分泌などで、皮膚の角質化が進み、剥がれ落ちふけが多くなります。フケには大きく分けて2種類があり湿って...

≫続きを読む

 

くせ毛の原因

くせ毛の原因は、多くが遺伝で年齢とともに癖が強くなるのは生活環境の乾燥と年齢とともに頭皮が乾燥したり、ダメージがあることでしょう。ドライヤーの電磁波や、シャンプー剤、水道の塩素に対抗するために生まれる頭皮の活性酸素も、毛根を破壊するのでくせ毛の原因の1つになります。頭皮をしっとりとさせる女性用育毛剤...

≫続きを読む

 

糖化

糖化とは、余分な糖がたんぱく質・脂肪と結びついた状態です!変性・劣化する生体反応の事。糖化ストレスとも言います。このことによって・・肌の繊維がもろくなり、たるみ、くすみなどの老化現象を引き起こします。肌に出てくるのです。また、体調不良やさまざまな病気の温床にもなります。体温の熱が関与することから、体...

≫続きを読む

 

脱毛と抗生物質の関係

抗生物質の発見は人間にとってとても有益でした。ところが数が増えて、何かと副作用の問題も。強い菌の出現も・・抗生物質の一部の成分も影響があり毛母の代謝障害を起こして、脱毛につながるという研究結果も出ています。これは直接的、または間接的に起こります。ミモシンというアミノ酸も悪いほうに作用する場合がありま...

≫続きを読む

 

髪や頭皮が傷む原因

いろいろな原因によって毎日頭皮や髪の毛はいためられています。最近はかなり言われるようになり、まさかと思う人は少なくなったようですが1位はシャンプーのやりすぎでしょう。:シャンプー剤にこだわっている人が多いですが、シャンプー剤の目的が汚れを落とすというてんではどれも同じで、強いシャンプー剤や長時間洗っ...

≫続きを読む

 

ブラッシング

ブラッシングは、髪にも頭皮にもやり方次第でよかったり悪かったりします。よいのは、抜けるべき髪が抜けて、頭皮の調子が良くなります。頭皮に軽い刺激を与えるという効果もあり、マッサージにもつながります。髪の毛が絡まりやすい人は目の粗い物を選ぶのがいいでしょう。あまり引っかかると頭皮にも心理的にもストレスと...

≫続きを読む

 

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、良いものでやってほしいものですが、やり方次第ではマイナスの効果があります。頭皮マッサージで以前は頭皮を柔らかくしましょうというのがありましたが、今は、柔らかくというのは長時間のに数をかけて結果的にやわらかくなるというもので、やわらかくなるまで頑張ってしようというのはマイナスです。特...

≫続きを読む

 

加齢

毎日毎日成長もしますが、ある時から加齢を感じる時期がやってきます。ひそかに忍び寄ってくるというか・・誰にでもあります。加齢の原因で・・皮膚の潤いは低下して、水分が少ない乾燥肌になっていきます。うるおいは・・皮脂、角質細胞間脂質、天然保湿因子のバランスと一定量が必要です。これが加齢により減ってきます。...

≫続きを読む

 

女性の薄毛の特徴

薄毛の状態は男女に差があります。同じ場合もありますが基本的に男性は細くなった髪の毛が多いですが、女性の場合は多少は細いにしても、あまり変わっていません。ではどこがちがうのでしょう・・女性の多い人と薄毛の人を比べると・・1つの毛穴から変えている髪の毛の本数が違います。普通1つの毛穴から2本3本生えてい...

≫続きを読む

 

細い髪の毛

人の髪の毛の太さはそれぞれ個人個人違いますが、1個人の頭皮に生えてある髪の太さも違います。基本的に襟足に近いところは太い髪の毛が生えています。問題は抜け毛が増えたときにその抜け毛を集めてみたときに細い髪の毛が多いときは調子が悪いです。この太さの変化を知るポイントは、ブローをやった時にわかるのですが、...

≫続きを読む

 

産後の育毛

女性の場合妊娠して方ホルモンのバランスが変わるため、どちらかというと妊娠中は抜け毛が少ないです。エストロゲンとブロゲステロンがともに増加します。体内では赤ちゃんの方に栄養が集中するため徐々に毛根への栄養不足が生じています。それが出産後に一気に抜け毛として表れてきます。分娩後脱毛症という症状名もありま...

≫続きを読む

 

シャンプー

最近はノンシリコンシャンプーなどがはやっていますが・・シャンプーの目的は汚れを落とすことです。体を洗う石鹸も同じですね。石鹸の研究も以前から盛んですが・・汚れは落としたいが・・皮脂まで落とすと、肌がかさかさにシャンプーも同じです。それで洗浄力の弱い、アミノ酸系シャンプーがはやっています。また弱酸性の...

≫続きを読む

 

界面活性剤

界面活性剤は必要なものとして、化粧品にも使われていますし、シャンプーにも使われています。シャンプーに使われている場合、汚れを取ったり、髪に艶を与えたり・・ただし汚れを取る方はちょっと問題点も。それは必要以上に皮脂や汚れを取りすぎることです。また浸透する力もあり、体内の奥深くまではいかないとしても毛穴...

≫続きを読む

 

塩素

水道水には水を消毒するときに入れてあるものです。上水道施設の関係で、夏場などに多量に消毒のために入れられることもあります。この塩素、皮膚につくと吸収されやすい頭皮にとって悪いものです。シャワーを使われている場合には、シャワーヘッドに塩素除去フィルターをつけましょう。これで女性用育毛剤の効果を上げるこ...

≫続きを読む

 

オイルクレンジング

オイルクレンジングは、最近よく聞く言葉で家庭用もあります。美容院やエステで、頭皮マッサージ用にアルガンオイルによるものがほとんどです。お店に行けば心もリラックスでき脂で頭皮に詰まった油をとかすという状態になりますが・・お店でも家庭でもやりすぎは良くないですね。月に1回で十分。また、頭皮の状態に寄り合...

≫続きを読む

 

UVケア

UVケアは髪の毛にとっても大切です。帽子がかぶれない場合、スプレータイプでUVケアできるものもありますね。シーランドピューノアクアパラソルサンブロックが強度で、白浮きがなくサラサラもともと、髪の毛は頭を紫外線から守るためにあります。それでも髪は紫外線の影響を受けてしまうのです。夏にずっと外にいると、...

≫続きを読む

 

体重

女性の場合、体重を気にしてムリなダイエットをされる人がいます。ムリなダイエットは脱毛や薄毛の原因になります。この状態が長く続くと女性用育毛剤の効果が落ちてしまいます。またこの状態で、女性用育毛剤で、何とかしてといわれても苦しいものがあります。理想体重の基準といわれるものには、BMI(ボディマス指数)...

≫続きを読む

 

アディポネクチン

アディポネクチンは善玉ホルモンで、おなかの脂肪のところなどで作られます。ただし脂肪が多くウエストが太くなると作られなくなりかえって、悪玉が作られてしまいます。アディポネクチンが増えると、血管のコレステロールをきれいにしてくれて、血管内の血液の流れる道が太くなります。これは育毛にも非常に大切です。女性...

≫続きを読む

 

髪の毛の成分

髪の毛を詳しく分析すると体内のいらないものも一緒に運んでくるのでさまざまな成分が混じっていますが・・主な成分はたんぱく質であって、体を守ろうとする爪や髪の毛は、ケラチンと言うたんぱく質で出来ています。たんぱく質が占める割合は約99%です。硫黄など変わった成分も入っています。髪の毛は柔らかいので、軟ケ...

≫続きを読む

 

育毛のための食材の成分

細かく覚える必要はないのですが、知っておいて損は無いので、こちらのページでは、食材に入っている主な成分を書いていきます。ただし、食というのは組み合わせが大切であり最近の食材は栄養素が減っているとも言われていますので、良いものを必死でとろうというより、あまり悪いといわれているものを取らないほうが効果が...

≫続きを読む

 

タンパク質の代謝

髪の毛にはタンパク質から作り出される、アミノ酸などが必要です。食べたタンパク質は、胃の中の胃液にある消化酵素ペプチンで分解されます。分解されると、ポリペプチドになり、十二指腸の膵液に含まれるたんぱく質分解酵素によって、アミノ酸などに分解され小腸で吸収されます。小腸で消化されたアミノ酸は、ジペプチド(...

≫続きを読む

 

根元のボリュームを出したい

育毛剤はつけたからと言ってすぐに結果が出るわけではありません。そこで髪の毛のボリュームが出ない人は、まずは分け目を変えることが1番。特に少し斜め分けは有効です。つぎにボリュームが出るブローローションただし地肌にはブローローションをつけないように気を付けてください。*流れやすいタイプは要注意ですね。パ...

≫続きを読む

 

白髪

白髪は特別のように思いますが、黒い髪の毛とほとんど同じです。ただ、色がついていないだけ!・・でも気になるんですよね。世の中には金色や赤っぽい色など、様々な髪の毛の色が存在します。なかなかその色の髪の毛は、日本人には生えてこないですよね。そもそも髪の毛が誕生した瞬間って白色です。髪の毛は毛母細胞が細胞...

≫続きを読む

 

白髪対策の食べ物

白髪は薄毛と違って、染めれば何とかなります。ただしやはり20代以降の白髪はちょっと気になりますし。染めるのも面倒ですよね。ヘアダイで染めると薄毛が加速することもありますし・・できれば食い止めたいところです。白髪の原因はいろいろあり、対策もいろいろあって、チャレンジされている方も多いかと思います。ただ...

≫続きを読む

 

昔の育毛

以前は育毛剤のテレビコマーシャルでも育毛剤を頭皮に塗ってから頭をたたくのがありました。今でも一部でありますが、これは刺激というよりも頭皮表面に炎症を起こして、自然治癒力の時に発毛させようというものでした。広告をしたところは責任を取ってほしいくらいですね。頭皮に冷たい液を掛ける治療も同じようなものでし...

≫続きを読む

 

髪のためのスムージー

髪の毛はヘアカラーや、パーマドライヤーや紫外線で毎日ダメージが入ります。そこで頭皮を健康にして元気な髪の毛を増やす必要があります。・・生えてしまっている髪の毛は、保護剤でカバーすることしかできません。体の内からの育毛対策は、実は女性用育毛剤と同等またはソレ以上の効果があります。そこで私が知ってほしい...

≫続きを読む

 

育毛と肝臓

肝臓は体内の化学工場と呼ばれ、肝臓の調子が悪いと、育毛をはじめ、さまざまなところに障害が出ます。肝臓のことを知って大切にし、育毛にも大いに貢献してもらいましょう。肝臓。成人の平均的な大きさ:1200から1500グラム直角三角形のような形で、右葉と左葉に別れています。約100万個の肝小葉という組織でで...

≫続きを読む

 

育毛とストレスの関係

ストレスをコントロールしないと女性用育毛剤の効果は上がりません。ストレスは体の隅々を傷つけます。心理面・身体面・行動面に及びます。もちろん髪の毛の育毛も例外ではありません。ストレスで悩む人は男女ともに年々増加して、しかも低年齢化しています。人間の五感が周りの情報を感知して、脳がその情報によってストレ...

≫続きを読む

 

育毛とアロマセラピー

アロマは育毛にも効果があります。アロマセラピーはリラックス効果が高いと言われています。効果を出すために自分で調べてみたり、ショップの人に聞いてみましょう。良くも悪くも作用します。香りの苦手な方はストレスになってしまうこともあるので控えましょう。香は、直接脳を刺激して、感情や本能に強く働きかけます。そ...

≫続きを読む

 

希少糖と育毛の関係

育毛にはあまり砂糖を取らないほうがいいです。でもストレスになったら逆効果。そこで、希少糖を炭水化物や砂糖と一緒にとると血糖値が上がりにくくなるといううれしい報告があります。ただし取りすぎはやはりいけません。香川大学農学部の大発見ですね。カロリーがないのにしっかりとした自然な甘みがあります。甘さはほぼ...

≫続きを読む

 

焼酎と育毛の関係

アルコールって食前酒以外は、よいものというイメージが薄いですが・・飲むことによって血管中の血栓が溶けだして、発毛促進効果が、焼酎で確認されました。焼酎の育毛に対する使い方は・・飲む・嗅ぐ・塗るの3種類。焼酎に・・胃の機能を回復させたり、血栓を溶かす有効な成分が含まれているって知ってます?「飲むことに...

≫続きを読む

 

食用油と育毛の関係

育毛のためには食用の油も考えたほうが良いです。トランス脂肪酸といわれるサラダ油やマーガリン、ショートニングは食用のプラスチックのようなものです。アレルギー、アトピー、花粉症。認知症、うつ、がん、不妊症や、抜け毛、髪の毛のハリにまで影響します。お勧めは亜麻仁油です。オメガ3脂肪酸の多い良質の油で、細胞...

≫続きを読む

 

オメガ3脂肪酸

脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸という2つのものがあります。<分類>オメガ3(n-3系脂肪酸)オメガ6(n-6系脂肪酸)オメガ9(n-9系脂肪酸)オメガ3に分類されるものは・・えごまに含まれるαリノレン酸青魚に含まれるDHA・EPAなどオメガ3は細胞が正しく機能するために必要な脂肪酸です。健康面で...

≫続きを読む

 

ビタミンと育毛の関係

ビタミンは外からとることができる、細胞の潤滑剤のようなものです。細胞内で酵素の働きを助けます。酵素は代謝にかかわっていますので、ビタミン不足による代謝の低下は脱毛につながります。この状態でいくら女性用育毛剤をつけても髪の毛は増えません。ビタミンA足りない状態が続いてしまうと、皮脂の分泌量が減ってきた...

≫続きを読む

 

相談するのにおすすめのクリニック

昔は毛根の刺激で髪の毛を増やすという考えでしたが・・2000年に発見された発毛のための領域、バジル領域のことが分かって発毛の可能性が大幅に上がってきています。発毛因子というのを作り出しているのらしいですが・・科学者ってそんなの見つけるのですごいですね。       【女性のための薄毛・毛髪再生治療】...

≫続きを読む

 

ハリ・コシ不足の髪のダメージ

髪は傷まないようにしなければいけませんが、傷んでしまったらケアが必要です。ケアしないとますます傷んでいきます。そこで新発想ドライヤーの熱で髪がサラツヤに?! リシリッチ □□□ハリ・コシ不足の髪のダメージにお悩みの方へ□□□年齢とともに、髪のボリュームがなくなった…。全体的に傷みが目立つようになった...

≫続きを読む