アンチエイジングのための食べ物

アンチエイジングのための食べ物について

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。

 

まずは食卓のメニューの写真を撮りましょう。
茶色っぽく見えたらだめ。
カラフルに無得るものがいいです。
茶色は脂肪なども多い。
カラフルだと野菜なども多くなります。

 

食べ物では・・
血液や血管のためにたまねぎを食べる。
神経のために葉酸をとる。ほうれん草入りスープなど。
脂っこいものを食べ過ぎない。・・血液サラサラ対策
甘いものを食べ過ぎない。
お肌のためにベータカロテンの入っているものをとる。・・紫外線によって発生する活性酸素による炎症の対策

 

とにかく腹八分目以下にして、
偏った食事内容にならないようにしましょう。

 

食生活がかたよると、コレステロールが増えたり、高血圧になったり、がんにだってなる可能性もあります。

 

西洋人に比べ日本人は、動物性たんぱく質に対する消化酵素が少ないといわれています。
よって、肉類や乳製品は減らしたほうが良いです。

 

日本人が長生きするのは魚をよく食べるからだといわれます。
特に青魚は良いですね。
漁師さんは、心筋梗塞、脳の血管疾患、悪性腫瘍が少ないという情報もあります。
EPAも注目成分ですね。

 

鮭のアスタキチンサンチンは活性酸素の害を抑える抗酸化作用があります。

 

あまり冷たいものは良くないですね。
できればあったかいメニューを選びましょう。

 

イモ類やレンコン、ごぼうなどは、ミネラルが豊富で取ったほうが良いです。
しかも体を温める作用があります。
便秘や更年期障害にもいい食べ物です。
人間の体内で消化できないイヌリンという成分があるからです。

 

イヌリンが体に入ると胃や腸の知覚神経が刺激されるため、腸の動きを活発にするプロスタグランジンが増加します。
これが、イヌリンを体外に排出しようとします。デトックス作用ですね。
この時、便秘改善とともに全身にIGF-1ができるために育毛にも作用します。
食べる育毛剤に入れてほしい成分ですね。

 

なお若い時に無理なダイエットは禁物です。
生理不順から止まってしまう事もあります。
こうなるとホルモン療法などが始まり大変なことに。
食べすぎはいけませんが、体に良い食事を考えてください。
肌を見ればわかりますし、大切な髪の毛が減ってきたら大変です。
こうなると女性用育毛剤だけではどうにもなりません。

関連ページ

アンチエイジングのための飲み物
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。アンチエイジングのための飲み物についてまとめてみました。
アンチエイジングのための運動
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。アンチエイジングのための運動についてまとめてみました。
アンチエイジングのための生活
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。アンチエイジングのための生活についてまとめてみました。
アンチエイジングのためのヘアメイク
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。アンチエイジングのためのヘアメイクについてまとめてみました。
アンチエイジングと歩き方
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。アンチエイジングと歩き方についてまとめてみました。
免疫力を高めましょう
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。免疫力を高めましょうについてまとめてみました。
腸の総合サイト
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。腸の総合ページを目指していきます。
美肌は育毛に通じるものがある
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。美肌は育毛に通じるものがあるについてまとめてみました。
糖尿病対策
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。糖尿病対策についてまとめてみました。
髪の毛の再生医療
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。髪の毛の再生医療についてまとめてみました。
女性
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。女性についてまとめてみました。
生理とホルモンの関係
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。生理とホルモンの関係についてまとめてみました。
女性ホルモン
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。女性ホルモンについてまとめてみました。
甲状腺ホルモン
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。甲状腺ホルモンについてまとめてみました。
エストロゲン
育毛のためにもアンチエイジングについてまとめてみました。エストロゲンについてまとめてみました。