アンチエイジング

アンチエイジングについて

人間は避けようと思っても年を重ねていきます。
ただ、見た目年齢だけはそれに比例しません。

 

アンチエイジングにかかわるものは、
外的要因と内的要因です。

 

内的要因の中心は基礎代謝であり、
基礎代謝が高ければアンチエイジングする能力が高いことになります。

 

基礎代謝はエネルギーを使い
使いきれないエネルギー源が体内に入ってくると太ってしまいます。

 

アンチエイジング

 

基礎代謝では、内臓の働きが関係しています。
止まったらおしまいですね。

 

まずはあなたの未来像を想像してください。
そしてそれに向かっていくだけです。
素敵なドレスを着てさっそうと歩くあなたなど。
かっこいいです。
だれでも想像していいのです。
まずは体をほぐしてやりましょう。

 

こちらで紹介している全商品に対しては・・
エイジングレスは・・
若返りや老化防止の意味と取れるので問題のある表現ですが、
単純に「年齢 不詳」という意味です。  *「年齢を感じさせない肌のことです」
 「年齢を感じさせない」は、見た目の印象表現に過ぎないので若返りや老化防止表現とは 言えません。

 

アンチエイジングをすれば抜け毛の量にも影響が出てきます。
もしかすると女性用育毛剤より効果が高いかもしれませんね。
老化が進んで抜け毛がいきなり増えたら大変!
抜け毛の原因のいくつかがなくなるからです。

アンチエイジング記事一覧

アンチエイジングのための飲み物

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。飲み物では・・活性酸素除去のため水素水がいいですね。ざくろも抗酸化作用が強いので、スムージーに入れても良いでしょう。後は冷たいものより、あったかいものがいいです。アルコールを飲む人は適度に!!ただしワインの抗酸化作用はいいですね。一般の食べ物...

≫続きを読む

 

アンチエイジングのための食べ物

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。まずは食卓のメニューの写真を撮りましょう。茶色っぽく見えたらだめ。カラフルに無得るものがいいです。茶色は脂肪なども多い。カラフルだと野菜なども多くなります。食べ物では・・血液や血管のためにたまねぎを食べる。神経のために葉酸をとる。ほうれん草入...

≫続きを読む

 

アンチエイジングのための運動

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。運動では・・アンチエイジングのためには軽い運動がいいです。疲労はためないほうがいいですね。筋肉をつけたいときはしっかり休ませる日を作りましょう。ラジオ体操を朝する人は、少し前に起きて体を動かしておきましょう。足の老化を防ぐのは1分間の片足立ち...

≫続きを読む

 

アンチエイジングのための生活

アンチエイジングは育毛につながり、お肌もきれいになります。人間は、誰でも年を取ります。ところが年齢を聞いて、びっくりすることってないですか?まあ、そういう人は「私何歳に見える?」って聞きますが(笑1番は髪の毛でしょうしポジティブで明るい人が多いですね。生活では・・1番大切なのは動物的に生きることです...

≫続きを読む

 

アンチエイジングのためのヘアメイク

アンチエイジングって見た目をよくして、ホルモンの働きを挙げるということがあげられます。そこでヘアの場合は、前髪の両サイドを少し下ろす触覚ヘアで小顔につばのアル帽子をかぶって小顔にボリュームのアルヘアスタイルにして小顔に髪の毛の色を明るくしすぎるとかえって老けて見えることもあります。また髪の毛の色によ...

≫続きを読む

 

アンチエイジングと歩き方

女性用育毛剤で頭皮を改善しても歩き方がいまいちだと若々しく見えません。歩き方によって今の見た目も違いますし、姿勢によって体を改善してアンチエイジングにもつながります。ウォーキングが良ければ自分の体に自信が持てます。良くすることはむつかしくありません。今までについた変な癖をなくしていくだけです。まずは...

≫続きを読む

 

免疫力を高めましょう

体は、神経・免疫・内分泌が互いに協力し合っています。これは育毛にも大いに関係します。遺伝・環境・生活習慣を改善して、免疫をあげていきましょう。消化器官を浴することも免疫が上がってきます。免疫は外からはいってきたものを無害にします。免疫は老化やストレスによってダウンします。笑うことによってアップします...

≫続きを読む

 

腸の総合サイト

腸は栄養を吸収するところでアンチエイジングにも大きくかかわっています。そして髪の毛のもかかわっています。腸のことを知って、アンチエイジングしましょう。まず腸には多くの細菌が住んでいます。これによって最近の研究では、肥満になりやすい体質か、そうでないかが決まるそうです。肥満体質の人の腸には、ビフィズス...

≫続きを読む

 

美肌は育毛に通じるものがある

美肌を作るということは・・育毛にもつながります。だって!頭皮がって肌だから。肌は体調を映し出すといわれます。便秘や寝不足、生理前など変化を繰り返します。美肌は健康な肌であり、潤いやハリがあります。体力がない人や疲れている人は肌もカサカサ。これじゃ見えにくいですが頭皮だって調子悪いです。まずはできるだ...

≫続きを読む

 

糖尿病対策

糖尿病は育毛にはよくありません。アンチエイジングにも影響を与えます。血糖値が上がってくれば女性用に効き目も落ちてしまいます。糖尿病は、はっきり診断されればお医者さんの治療が要りますが、最近少しやばいかな!と・・気になりだした初期の段階では、ある程度の事をやっておけば、悪化させないで済むこともあります...

≫続きを読む

 

髪の毛の再生医療

ips細胞を含み再生医療は期待されています。2014年:資生堂は高等部から5ミリほどの皮膚を採取して培養して注入する実験に入られました。4年後実用のめどだそうです。京都大学再生医療チームの特許技術は、すでに育毛剤や化粧品への応用が始まっています。私もこの育毛剤は、数名のお客様に使っていただいており様...

≫続きを読む

 

女性

女性用育毛剤について語るうえで、女性と男性の差を知っておく必要があります。抜け毛の原因も違えば、生活も違います。時代も違えば、男性と同じようなことも数多く出てきます。女性用育毛剤の研究には、このような様々なことを考えて作られ、また提供時には、ライフスタイルや様々なことを知って、適切なものを進めていき...

≫続きを読む

 

生理とホルモンの関係

生理はホルモンのバランスに大きくかかわりホルモンの調子により、体調や肌も変わるため育毛にもかかわってきます。よく女性の方は再利中なので、パーマがかかりにくいですかと聞かれるほど。まあ、体温も少し変わったりするので0ではないですが・・この場合の影響はほぼないでしょう。生理前に出るホルモンは、肌が敏感な...

≫続きを読む

 

女性ホルモン

髪の毛は女性ホルモンの影響を受けます。女性ホルモンのバランスが悪いと女性用育毛剤の効果が落ちます。ホルモンは脳などで作られます。それが血管を通って全身に回ります。脳からの指令で卵巣で分泌されるホルモンを女性ホルモンといいます。このことから脳からの指令が大切ということがわかります。女性ホルモンは2つで...

≫続きを読む

 

甲状腺ホルモン

甲状腺ホルモンの主な役割は・・ ・毛髪を成長させる細胞を活性化させる。 ・骨を作る。 ・心臓を元気にする ・血液を作る ・皮膚を再生 ・体温の維持新陳代謝を促しています。甲状腺ホルモンが減少することが原因で薄毛になります。おどろくほど抜ける方もおられます。特に甲状腺の影響を受けるのは側頭部です。前頭...

≫続きを読む

 

エストロゲン

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。30代後半ごろからの女性の薄毛には、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が影響しています。20代後半がピークだといわれます。エストロゲンは毛髪を発達させ、毛髪の成長期を持続させる働きがあます。減少すると髪の...

≫続きを読む