円形脱毛症

円形脱毛症について

脱毛症

円形脱毛症は年齢や男女は問わず、急に現れる病気です。
痛みやかゆみもないため、見えにくいところにできれば本人や他人が気づくことはありません。
美容院や理容院で見つけられることが多いです。
また、いつの間にか生えてきていて、短くそろって生えていることも多いですね。

 

10円玉ぐらいの大きさで丸い状態で粋なる抜けます。
1個か2個が多いですが、しばらくの間、連鎖的に抜けたり、
ひどい場合は全部の毛が抜ける病的なものがあります。

 

通常自律神経が関係あるといわれますが、
アレルギー説もあります。
アトピーや花粉症の原因でできた人も増えてきています。
結果的に毛根に炎症ができています。

 

最新の研究発表では自己免疫説というのが出てきています。
毛母細胞がある日異物扱いになり、リンパ球が毛母細胞を排除しようと攻撃をかけるのです。
これは全身の毛が生えているところで起きます。

 

抜けた髪の毛をみると、根元の方がやせ細っている場合が多いです。

 

通常は自然に生えてきます。
もともと自律神経の場合は、

 

3ヶ月ほど前にヘアサイクルが衰退期に入っているので
育毛剤を塗っても抜けます。

 

ただし抜けた後で育毛剤を使った方が早く生えますね。

 

状態としては、ある時期に毛根に毛細血管から栄養が行かない状態ができました。
植物でいえば、いきなり水がもらえなくなった状態です。
これではかれるしかないですね。

 

ただこの状態は長続きしないので、
サバンナの植物が雨季になって、いっせいに育つように
髪の毛も条件が解決すればいっせいに生えてきます。
昔(昭和17年以降)からタマサキツヅラフジという植物から、セラファンチンという治療薬があって、
円形脱毛症の治療薬と認められています。
効果は薄いですが、カプサイシンや、イソフラボンを一緒に取った時は効果が高いという実験データがあります。

 

とにかくストレスの多い社会ですが・・工夫をしてストレスをためないようにしましょう。
自覚症状がなくいつの間にかできていますが、過去に起きたことによってできているだけで
今はストレスは改善できていることが多いです。
このストレスが胃に来ていたら胃潰瘍になっていたでしょうし、
肝臓が弱い人は肝臓がやられて全身が調子悪くなっていたかもしれません。

 

多くの場合は自分が気づいていない場合が多く、髪の毛が長かったら隠せますので、
治るのを待ちましょう。
趣味やスポーツがおすすめです。
早く伸ばすにはやはり女性用育毛剤は欠かせません。

 

円形脱毛症の抜け毛の特徴は
一般の抜け毛がマッチ棒のように毛根が太いのに対して、
根元がひょろひょろって細いです。

 

最近の研究によると、円形脱毛症になりやすい要因を持っている人が、
強いストレスが発症の引き金になって、円形脱毛症になるということです。

 

この要因を持っていないと、円形脱毛症にならないということになります。

 

円形脱毛症の種類
単発型円形脱毛症
:知らない間に穴が開いたようにできるタイプ。
多発性型円形脱毛症
:知らない間に数個の円形脱毛症ができるタイプ。
多発性続発型円形脱毛症
:治ったと思えばまたほかの個所ができるタイプ。
蛇行状脱毛症
:後頭部や側頭部の生え際から、不規則な形のものができて次第に合体するタイプ。
全頭脱毛症
:頭全体の髪の毛が抜けるタイプ。
汎発性
:全身のあらゆる毛が抜けるタイプ。

 

円形脱毛症で抜けた髪の毛の毛根を見ると、委縮しているものが多いです。
リンパ球が毛根に入り込んで、毛母細胞を破壊したものです。

 

女性用育毛剤をつけてもすぐに生えてくるということはないですが、
毛根が元気になるので生えてくる速さが増します。

 

円形脱毛を起こすときに白髪のみが残るときがあり、一気に白くなったように感じることがあります。

関連ページ

びまん性脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。びまん性脱毛症についてまとめてみました。
男性型脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは男性型脱毛症のことを知ることから対応していきましょう。
慢性休止期脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは慢性休止期脱毛症のことを知ることから対応していきましょう。
神経性脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。神経性脱毛についてまとめてみました。
脂漏性脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。脂漏性脱毛についてまとめてみました。
粃糠性性脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。粃糠性性脱毛についてまとめてみました。
分娩後脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。分娩後脱毛症についてまとめてみました。
性腺刺激ホルモンの低下
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。性腺刺激ホルモンの低下によっても髪の毛は減ります。。
ピル使用後脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。ピル使用後脱毛症についてまとめてみました。
はん痕性脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。はん痕性脱毛についてまとめてみました。
AGA男性型脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。AGA男性型脱毛症についてまとめてみました。
膠原病によっておこる脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。膠原病によっておこる脱毛とは何でしょう。
接触皮膚炎・湿疹による脱毛
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。接触皮膚炎・湿疹による脱毛についてまとめてみました。
鉄欠乏性貧血脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。鉄欠乏性貧血脱毛症は対策が簡単です。
牽引性脱毛症
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。牽引性脱毛症は病気ではないですが・・
トリコチロマニア(抜け毛症)
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。トリコチロマニア(抜け毛症)についてまとめてみました。
女性のはげ
抜け毛や薄毛の原因の1つに頭皮の病気があります。病気によっては育毛剤の効果を得られません。まずは病気のことを知ることから対応していきましょう。女性のはげについてまとめてみました。