リジュンの効果を上げる使い方

リジュン効果・使い方

《リジュン》
リジュン
☆あなたの悩みは何ですか?
・20代〜30代、ヘアカラーで頭皮にダメージが蓄積されて将来薄毛になったりハゲたりするのが心配・・・。
・毛髪にうるおいが無いから毛にツヤが無くパサパサ・・・。
・抜け毛が多いのが気になる。
・頭頂部は帽子で隠してます!
・見られたくないので外に出たくない・・・。

 

もうあきらめますか?
    ↓
   NO!
でも、何がいいのかさっぱり・・・

今かややらないと!育毛生活

今はそんなに髪が薄くないという方でも、何もしなければ段々薄くなって、薄くなってから行動し始めても効果が出るまで時間が掛かるかも知れません。
ですから、今はまだ大丈夫と思っている方も育毛を始めてみましょう。この先5年後10年後元気なイキイキとした髪であるために。

 

そんなあなたにRiJUNーリジュンーをお勧めします!

 

リジュンとは・・・女性用スカルプエッセンス(女性用育毛剤です)
なぜリジュンを勧めるの?・・・浸透成分フルボ酸が入っているから。

 

〈使ってみた感想〉
 実は私は20代なのですが、ちょっと分け目が広くなったなと感じはじめまして。
そこで、リジュンを試しに使ってみることにしました。
変な臭いとかはしなかったです。朝と夜付けるのですがだいたい夜だけつけてました。ズボラなものでして。
そのうち分け目があまり気にならなくなりました☆今から育毛がんばって続けてみようかなーと思います。 筆者

 

女性ホルモンと髪の関係

女性と男性では、その違いにホルモンバランスがあります。
女性の場合は女性ホルモンが。男性の場合は男性ホルモンが。
それぞれ多く分泌されており、体のつくりに多大な影響を与えています。

 

その中で女性ホルモンの働きの一つに、髪の毛の成長にかかわる効果が
確認されています。女性はその効果により、抜けにくくキューティクルの
美しい髪が伸び、逆に男性は髪質の硬い髪が伸びるのです。

 

女性が妊娠すると、体内の女性ホルモン量が増え、一時的に髪が抜けにくくなる
なる時期があるのは有名ですね。「産後抜け」というホルモンバランスが
正常値に戻るときに髪が抜けることも多く知られるようになりました。

 

女性ホルモンが作られるのは子宮です。
ゆえに、閉経などで活動が弱まるとホルモンバランスが乱れます。
皆さんは「更年期」というものを知っていますか?
ストレス発散などが難しくなり、自己コントロールも難しくなる時期です。
ホルモンバランスも乱れ、不調になりやすく
以前とはうってかわってしまう人もいるそうです。

 

 

 

さて、せっかくリジュンを使うのだから効果を出したいですよね。
効果が無いと付ける意味がありません。

 

シャンプー

 

 

そこで色々試して、効果が上がった方法を紹介していきます。

 

まずつける量は、頭皮の大きさによりますが、取扱説明書に書かれている量では少し少ないですね。
初めに頭皮全体につけて、そのあともう一度気になるところには付けたほうがいいです。
頭皮全体の状態を良くしつつ、気になるところのさらなる活性化が必要です。
もちろん2度付けすることによってつけ漏れも無くなります。
付いてないと論外ですし、肌のバリアーは強敵です。

 

付けた直後のマッサージは、髪がいっぱいあるところはしっかり目で、
気になっているところはすごく弱めでいいです。
新たに生えてくる髪の毛は非常に細くて弱いので、強いマッサージに負けてしまいます。

 

1日2回の塗付は必ず行ってください。
1階では効果が1割程度と思ったほうが良いですね。

 

付け忘れにも注意。
忘れた日は戻ることが無いので後悔してもしょうがないですが・・
忘れたことにより数日分前に戻ったくらいの感覚でいましょう。

 

デルメッドヘアエッセンスの付け方以外で気をつけること。
シャンプーはアミノ酸系にすること。
*頭皮のダメージを最小限にします。
お日さんに直接当たらない事
*紫外線は育毛の敵です。
ストレスは溜めない事
*すんだことはあきらめましょう。
睡眠と食事はできるだけ良い物を
*髪の毛は寝ている間に育ちます。育つためには材料がいります。